1,報道

夫婦別姓と女性の再婚禁止期間の規定が最高裁大法廷へ

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bandotaro/20150224-00043302/

夫婦別姓と女性の再婚禁止期間の規定が最高裁大法廷へ
坂東太郎 | 早稲田塾論文科講師、日本ニュース時事能力検定協会監事
2015年2月24日 13時23分配信

●夫婦別姓で判例が出る見通し…

5,意見・論文

糸数けいこ:第186回国会 2014年4月24日 参議院法務委員会(一般質問 35分)

親子法制の見直しを

第186回国会 2014年4月24日 参議院法務委員会(一般質問 35分)

4月24日、法務委員会の一般質問でDV問題や親子法制について政府を追及しました。①DV防止対策の強化②面会交流と養育費について③家族の多様化と親子法制④東日本入国管理センターで先月起きた2件の入所者の死亡について、取り上げました。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.245「上川法務大臣、共同養育の重要性強調」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.245
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

5,意見・論文

2015年5月21日参議院法務委員会議事録:真山勇一質問、DV法の住所非開示について

http://online.sangiin.go.jp/kaigirok/daily/select0103/main.html

子の福祉の観点を重視したDV事件への対応に関する件

○真山勇一君 維新の党、真山勇一です。
 私も、今日は有田委員はまたヘイトスピーチかなと思っていたら違っていましたけれども、私は今日もちょっと引き続きDVに関しての問題を伺っていきたいと思っております。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.244「住所非開示、ほんとに異議申し立てできるの?」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.244
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

毎日:居住不明児童:全国で約2900人 5月1日現在

sp.mainichi.jp/select/news/20140829k0000e040179000c.html

居住不明児童:全国で約2900人 5月1日現在

21時間前

 世耕弘成官房副長官は29日、全国で居住実態がつかめない児童が5月1日現在で約2900人に上ることを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。厚生労働省が全国の市町村を通じて調べた。厚労省は「その後、所在が確認できた児童もおり、現時点の対象人数は減っている」と説明している。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.201「明日、子どもに会いたい親のための夏期セミナー」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.201
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

他団体・個人の情報

衆議員予算委員会第三分科会2014年02月26日林宙紀質問

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_list.cgi?SESSION=20538&SAVED_RID=3&MODE=1&DTOTAL=1&DMY=29265

○林(宙)分科員 ありがとうございます。
 そういった研修のことを今お伺いしましたが、とはいいながらも、恐らくやはり一番大事なのは経験値ということになってくるところもあるんだと思います。…

他団体・個人の情報

衆議院厚生労働委員会2014年03月26日

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_list.cgi?SESSION=20538&SAVED_RID=2&MODE=1&DTOTAL=1&DMY=20902

○小熊委員 私、大企業がやってもすぐ中小企業にはなかなか波及しない、うちのおやじも中小企業の会社にいましたから、これは難しい、だからこそこの中小企業対策、零細企業対策をやらなきゃいけないと思っています。これは今後また議論していきますけれども。…

他団体・個人の情報

外務省:ハーグ条約の概要と日本の各種法制度

http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_000843.html

ハーグ条約の概要と日本の各種法制度

平成26年6月2日

英語版 (English)
1.ハーグ条約の概要と手続の流れ
(1)概要
増加する国際結婚・離婚と「子の連れ去り」

 1970年には年間5,000件程度だった日本人と外国人の国際結婚は,1980年代の後半から急増し,2005年には年間4万件を超えました。これに伴い国際離婚も増加し,結婚生活が破綻した際,一方の親がもう一方の親の同意を得ることなく,子を自分の母国へ連れ出し,もう片方の親に面会させないといった「子の連れ去り」が問題視されるようになったほか,外国で離婚し生活している日本人が,日本がハーグ条約を未締結であることを理由に子と共に日本へ一時帰国することができないような問題も生じています。…

5,意見・論文

真山勇一参議院議員:別居親に対する学校現場等の対応に関する質問主意書

第186回国会(常会)
質問主意書

質問第九八号

別居親に対する学校現場等の対応に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十六年五月十二日

真 山 勇 一   

       参議院議長 山 崎 正 昭 殿…

未分類

衆議院法務委員会議事録:第5号 平成26年3月19日(水曜日)

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000418620140319005.htm#p_honbun

○江崎委員長 次に、浜地雅一君。

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。

 昨年の法務委員会での一般質疑も時間を頂戴いたしまして、ことしも三十分間時間を頂戴しまして、委員長、また理事の皆様、委員の皆様に感謝を申し上げます。…

他団体・個人の情報

法務省:国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律の概要について

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00148.html

国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律の概要について

  国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律(平成25年法律第48号。以下「実施法」といいます。)が成立し,平成25年6月19日に公布されました。実施法は,国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(以下「ハーグ条約」といいます。)が日本国について効力を生ずる平成26年4月1日から施行されます。…