1,報道

産経:外務省、各国大使館に子連れ去り防止へ周知要請

2017.2.15のニュース
 外務省で開かれた会合で、ハーグ条約についての説明を聞く在京各国大使館員ら=15日午後

外務省、各国大使館に子連れ去り防止へ周知要請
dly1702150023

 外務省は15日、国際結婚が破綻した後の子どもの扱いを定めたハーグ条約の実効性を高めるため、在京各国大使館員ら約100人を集めての会合を開き、日本居住者への周知を要請した。夫婦間のトラブルから、子どもが一方の親により連れ去られるのを防ぐ狙い。…

1,報道

面会交流によって、アメリカでは年間何十人もの子どもが殺されている

https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20170228-00068182/

面会交流によって、アメリカでは年間何十人もの子どもが殺されている
千田有紀 | 武蔵大学社会学部教授(社会学)
2/28(火) 6:38

父親に殺害され放火された5歳のクィンちゃん。フェイスブックからの転載を転載…

1,報道

毎日新聞:損賠訴訟 面会交流拒否で地裁が賠償命令 距離少しずつ埋めたい 息子への思い、原告男性が心境明かす /熊本

http://mainichi.jp/articles/20170123/ddl/k43/040/185000c

損賠訴訟
面会交流拒否で地裁が賠償命令 距離少しずつ埋めたい 息子への思い、原告男性が心境明かす /熊本

毎日新聞2017年1月23日 地方版

熊本県

[PR]

 「パパと呼んでくれなくなった」。離婚後に別居した長男(12)との面会交流を求め、元妻と再婚相手に損害賠償を求めていた原告の40代男性はやりきれない胸の内を明かす。2015年10月、約3年5カ月ぶりに長男と公園で再会し、キャッチボールをした。会えなかった間に小学2年生から5年生に進級した。背は伸び、表情もりりしくなったけれど、かつて「パパ、パパ」と駆け寄ってきた息子はぎこちなかった。【柿崎誠】…

1,報道

中日新聞:<子の幸せは?> 離婚後も親の責任意識を 

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=434508&comment_sub_id=0&category_id=199

<子の幸せは?> 離婚後も親の責任意識を 

2017/2/9 朝刊

親子断絶防止法案について話す馳浩衆院議員=東京・永田町の衆院第1議員会館で

 離婚後に別々に暮らす親子に交流を促す「親子断絶防止法案」(通称)の国会提出を、超党派の国会議員連盟が目指している。別居した親が子どもに会おうとしても同居親の同意を得られず、調停や訴訟の件数が増えていることが背景にある。ただ、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者には、元配偶者と子どもの面会に強い不安を感じる人も少なくない。子どもにとって何が一番良いのか。それをめぐる意見の対立も深い。議連事務局長の馳浩衆議院議員に法案の狙いを聞いた。…

1,報道

中日新聞:<子の幸せは?> 親子断絶防止法案、「面会交流」めぐり賛否 

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=434803&comment_sub_id=0&category_id=199&from=news&category_list=199

2017/2/10 朝刊

 離婚後の親子の面会を促す「親子断絶防止法案」(通称)をめぐっては、賛成と反対、双方から切実な声が聞かれる。日本では離婚の際に子どもの親権者を決める必要があるが、離婚が珍しくない時代になり、その後の面会交流をめぐる争いも多い。双方の意見を聞いた。…

1,報道

時事通信:離婚後の親子、交流促進を=超党派議連が議員立法

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229291

離婚後の親子、交流促進を=超党派議連が議員立法

時事通信 2/6(月) 4:32配信

 自民、民進両党など超党派の「親子断絶防止議員連盟」(会長・保岡興治元法相)は、離婚や別居で婚姻関係が破綻した父母の一方と、離れ離れになった子が面会や交流を通じて、継続的な親子関係の維持を促進するための法案をまとめた。…

1,報道

子供面会で再婚相手の賠償責任認める、調整役果たさず 熊本地裁

http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230063-n1.html

離婚した元妻とその再婚相手が子供との面会交流を拒んでいるとして熊本県内の40代男性が損害賠償を求めた裁判で、熊本地裁(永田雄一裁判官)は23日までに、事前に決めていた連絡調整役を果たさなかったとして、再婚相手にも元妻と連帯して30万円を支払うよう命じた。男性側の弁護士によると、面会交流を巡る裁判で、再婚相手の賠償責任を認めるのは異例という。…

1,報道

毎日新聞:子供への面会拒否 元妻の再婚相手にも賠償命令 熊本地裁

子供への面会拒否
元妻の再婚相手にも賠償命令 熊本地裁

毎日新聞2017年1月23日 07時45分(最終更新 1月23日 07時45分)

 熊本県内の40代男性が離婚後に別居した長男(12)と会えないのは元妻とその再婚相手が拒んでいるためとして、2人を相手取って慰謝料300万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(永田雄一裁判官)は、事前の調停で義務づけられた面会の日程調整に関する連絡義務を怠ったとして再婚相手に元妻と連帯して30万円を支払うよう命じた。元妻には70万円の支払いを命じた。離婚後に別居した子供との面会交流拒否を巡り、元配偶者の再婚相手の賠償責任を認めるのは異例。…

1,報道

林檎舎ニュース:大阪堺市で無理心中とみられる死亡事件、堺市堺区築港南町の沈んだ車から父親と息子発見

https://ringosya.jp/oosaka-sakaicity-murishinjuu-32735

6月24日午後、大阪府堺市堺区築港南町の工業地帯の一角で海に沈んだ車の中から2人の遺体が見つかっています。遺体は今月5日から行方不明になっている親子とみられており、無理心中の可能性が高いという。警察が身元の確認を急いでいます。…

1,報道

千田有紀:長崎のストーカーの元夫による「面会交流」殺人事件、警察は何ができたのか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/sendayuki/20170203-00067296/

長崎のストーカーの元夫による「面会交流」殺人事件、警察は何ができたのか
千田有紀 | 武蔵大学社会学部教授(社会学)
2/3(金) 6:55

(ペイレスイメージズ/アフロ)

長崎市で、離婚後の元夫が2歳の子どもを会わせにきた元妻を刺殺し、その後自殺した事件は、やはり離婚時に元夫に定期的に面会交流をさせる「面会交流」を取り決めていたことが判明した。子どもを面会交流させるために、元夫のもとに行き、被害にあったのだという(「子の面会」事件招く? 元夫と離婚時約束、数回訪問」西日本新聞2月2日朝刊)。…