4,判例

養育妨害弁護士を訴えた損害賠償請求控訴事件、控訴審判決

http://ameblo.jp/fifa2002sad/entry-12121163816.html

平成28年1月20日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

 (サド追記 福岡高裁)平成27年(ネ)第443号 損害賠償請求控訴事件
 (原審・熊本地方裁判所平成25年(ワ)第1112号)…

4,判例

弁護士川村真文の視点:家事審判による面会交流と間接強制(肯定)(その1)判決

http://kmasafu.moe-nifty.com/blog/2014/11/post-0a8f.html

弁護士川村真文の視点
弁護士川村真文(シンプラル法律事務所(大阪))のブログです。 様々な問題から自分用の情報までいろいろ入れていこうと思います。

« 能力のある人に委ねる…

4,判例

阿部オフィスの男の離婚相談:面会交流は教育の一環か

面会交流は教育の一環か

http://abe-jim.com/2014/02/post-222.html

この判例は、夫である父が子ども(別居当時小学校1年生)との面会を求めて調停を申し立てそれが審判移行して結果が出たものの、双方これを不服として即時抗告したものです。…

4,判例

家庭弁護士の訟廷日誌:【子ども】 夫婦間の子をめぐる争いにつき審判前の保全処分として子の引渡しを命じる場合の要件と判断基準 東京高裁平成24年10月18日決定

http://shimanami.way-nifty.com/rikoninaka/2013/11/post-b88e.html

【子ども】 夫婦間の子をめぐる争いにつき審判前の保全処分として子の引渡しを命じる場合の要件と判断基準 東京高裁平成24年10月18日決定

 判例時報No2196号(11月1日号)で紹介された東京高裁平成24年10月18日決定です。…

4,判例

家庭弁護士の訟廷日記:【子ども】 面会交流審判について、頻度等、受渡場所、受渡方法について審理不尽があるとして、原審に差し戻された事例

http://shimanami.way-nifty.com/rikoninaka/2013/11/post-307b.html

2013年11月28日 (木)

【子ども】 面会交流審判について、頻度等、受渡場所、受渡方法について審理不尽があるとして、原審に差し戻された事例

 愛媛の弁護士の寄井です。

 今回は、判例タイムズNo1393号で紹介された東京高裁平成25年7月3日決定を紹介いたします。…

4,判例

判例タイムズ 1393号 12月号 (2013年11月25日発売) 、 面会交流審判について,頻度等,受渡場所,受渡方法について審理不尽があるとして,原審に差し戻した事例

判例タイムズ 1393号 12月号 (2013年11月25日発売) の目次
http://www.fujisan.co.jp/product/2065/b/930288/#conetnts_area
【論説紹介】

相続開始後の相続財産(不動産)の管理・使用に関する相続人間の訴訟をめぐる諸問題(3)
東京地方裁判所プラクティス委員会第二小委員会…

4,判例

男の離婚相談:「子どもが面会を拒否している」という主張

抗告棄却(確定)
原審 甲府家
家裁月報64-8
面会交流が難航している理由を「子どもが拒絶している」とするものの多くは小学生の子どもが多く、子どもの意思が固い場合には、これまでは打開しがたい理由のひとつでもありました。
4,判例

和解で毎週の面会交流を実現事例(年3回の宿泊面会)

href="http://kyodosinken.com/2011/10/27/%E5%92%8C%E8%A7%A3%E3%81%A7%E6%AF%8E%E9%80%B1%E3%81%AE%E9%9D%A2%E4%BC%9A%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E4%BA%8B%E4%BE%8B%EF%BC%88%E5%B9%B4%EF%BC%93%E5%9B%9E%E3%81%AE%E5%AE%BF%E6%B3%8A/">詳細はこちらから 判例情報についてはkネットまでお寄せ下さい info@kyodosinken.com 事件の表示   平成22年(家ホ)第233号 期日      平成23年1月24日午前10時00分 場所      東京家庭裁判所立川支部家事部和解室 裁判官     原 道子 裁判所書記官  金子英司 出頭した当事者 原告 ××× 原告代理人 富永由紀子 被告    ○○○ 被告代理人 木村真実 第3 和解条項 1 原告と被告は、本日、和解離婚する。 2 原告と被告との間の長女(×××生)及び次女(×××生)の各親権者を母である原告 と定め、同人において監護養育する。 3 被告は、原告に対し、長女及び二女の養育費として、平成23年2月1日から同 人らがそれぞれ満20歳に達する日の属する月まで、 一人当たり月額×万円を、 各月末日限り、長女××の郵便貯金口座に振り込む方法により支払う。 4 原告は、被告が、長女及び二女と下記のとおり面会交流することを認め、 その日時、場所、方法等は、その都度、子の福祉に配慮して、 原告と被告との間で事前に協議して定めることとする。 記 (1)宿泊を伴う面会交流 年3回。 ただし、うち1回は3泊以下、その余の2回は1泊。 (2)前項の宿泊を伴う面会交流を行う月は月2回とし、その余の月は月4回。 5 被告は、原告に対し、本件財産分与金として×××円の支払い義務があることを認め、 これを平成23年1月31日限り原告の指定する下記預金口座に振り込んで支払う。 略 6 原告と被告との間の別紙記載の情報にかかる年金分割についての請求すべき 按配割合を0.5と定める。 7 原告は、その余の請求を放棄する。 8 原告と被告は、以上をもって本件離婚に関する紛争がすべて解決したものとし、 この和解条項に定めるもののほか、財産分与、慰謝料等のいかんを問わず、 互いに財産上の請求をしない。 9 訴訟費用は、各自の負担とする。