後藤富士子弁護士:DV生活保護受給と婚姻費用分担請求

DV生活保護受給と婚姻費用分担請求 2011年5月18日          弁護士 後藤 富士子 第1 夫婦の婚姻共同生活保持義務について 1 夫婦の同居・協力義務 憲法第24条1項は、婚姻は夫婦相互の協力により維持され…

11年前

信州毎日新聞社説:ハーグ条約 子どもの福祉最優先に

ハーグ条約 子どもの福祉最優先に 5月22日(日) 国際結婚が破綻した夫婦の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」に、政府が加盟する方針を決めた。フランスで今週開かれる主要国(G8)首脳会議で、菅直人首相が表明する。 ハーグ…

11年前

共同:背景に日米文化の違い 米、共同親権で善処要求

詳細はこちらから  テネシー州の裁判所が9日、離婚した日本人の妻が米国から 日本に子ども2人を連れ帰ったことをめぐる訴訟で 元妻に610万ドル(約4億8900万円)の支払いを命じた背景には、 離婚後に母親が親権を持つこと…

11年前

Voice of Russia:ロシアもハーグ条約に加盟

ロシア下院議会にハーグ条約への加盟法案が提出されたようです。 先進主要国(G8)の中でハーグ条約に未加盟だったのはロシアと日本だけでしたが、 そのひとつのロシアもハーグ条約に加盟することになりそうです。 記事は以下です。…

11年前

西日本新聞:ハーグ条約 日本人の家族観も考慮を:

詳細はこちらから 2011年2月21日 10:47 国際結婚が破綻して、一方の親が他方の親に無断で子どもを自国に連れ帰り、父親と母親がわが子を奪い合う。  国境をまたいだ、そんな争いを解決する国際ルールを定めた多国間条約…

12年前

緊急ルポ!子どもを迫害する家庭裁判所の実態!!

皆さんこんにちは!今、世間では「国際的な子の奪取に関する民事面のハーグ条約」通称ハーグ条約の批准が政府発表により、ほぼ確実(2011年3月頃には発表予定)な状況となってきたため、関心のある方の間ではこの話題がホットではないかと思います。こちらの話題については各当事者団体がそれぞれに情報掲載、記事紹介をしていますので、当会では敢えてそちらは取り上げません。情報入手御希望の方は当会リンク先の各サイトをご参照ください。ところで、このような離婚時の子どもの一方的な連れ去りや、理由もな..

12年前

日本も共同親権へ

日本も共同親権へ 詳細はこちらから 先日、こんな記事が新聞に載った。 《フランス上院は25日、国際結婚で生まれた子の親権争いの 解決ルールを定めた「ハーグ条約」への早期加盟を日本に求める決議を 賛成多数で可決した。 同条…

12年前

親子新法連絡会:「親子の交流断絶防止法制定を求める」声明

「親子の交流断絶防止法制定を求める」声明 1 はじめに 現在、国境を跨いだ子どもの連れ去り、引き離しが外交問題にまで発展し、いわゆる「ハーグ条約」に日本が加盟すべきかが政府の重要課題となっていますが、実は、同様の問題が日…

12年前