1,報道

毎日JP:大阪幼児放置死:1年「何でこうなったのか」被告の父苦悩

大阪幼児放置死:1年「何でこうなったのか」被告の父苦悩

2011年7月31日 9時15分 更新:7月31日 9時53分

幼児2人の遺体が一室から見つかったマンション=大阪市西区で2010年7月30日、大西岳彦撮影
幼児2人の遺体が一室から見つかったマンション=大阪市西区で2010年7月30日、大西岳彦撮影

大阪市西区のマンションで幼児2人が放置され、衰弱死した事件から30日で1年を迎えたのを機に、殺人罪で起訴されている母親の元風俗店従業員、下村早苗被告(24)の親族が毎日新聞の取材に胸の内を明かした。父親(50)らは「つらい気持ちに変わりはない。何でこうなったのか」などと苦悩している。

1,報道

読売オンライン:ハーグ条約日本加盟、遅いと米国務次官補が批判

ハーグ条約日本加盟、遅いと米国務次官補が批判

【ワシントン=中島健太郎】国際結婚が破綻した際の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」に日本が未加盟のため、離婚した日本人と米国人の間で親権トラブルが相次いでいる問題で、カート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は28日、下院外交委員会人権問題等小委員会で「(条約加盟への)手続きが遅すぎる」と日本政府の対応を非難した。…

未分類

日弁連に要望書を持っていく

日弁連要望書昨日、日弁連宛に要望書を持っていった。今回も要望をいろいろ書いたのだけれど、まあ好きにさせてもらえる団体ってkネットだから今回はkネットだけでいいかなって。要望書は回覧していたので、校正後に時間が余ったので持って行った。日弁連に行くと、いつも対応していただく家事法制委員会の事務の方と違って、両性の平等委員会の事務の人が出てきた。どちらにしても弁護士ではない。前回は複数で持って行って、いろいろ不満を言うという形式だけれど、今回は一人で行った。最近は、人を調整していく..
kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.53「民法766条改正に伴う、弁護士の倫理についての要望書」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆― No.53 ―◆…

kネットの情報, 5,意見・論文

民法766条改正に伴う、弁護士の倫理についての要望書

民法766条改正に伴う、弁護士の倫理についての要望書

2011年7月29日

日本弁護士連合会会長 宇都宮健児 様

東京都国立市東3-17-11好日荘B-202
共同親権運動ネットワーク

 日々、法曹実務の向上に努力されておりますこと、…

1,報道

「ハーグ条約の中央当局の在り方に関する懇談会」第一回会合

外務省HPに掲載
「ハーグ条約の中央当局の在り方に関する懇談会」第一回会合
平成23年7月27日

1.本27日(水曜日)16時から18時まで,外務省において,「ハーグ条約の中央当局の在り方に関する懇談会」第一回会合が開催されました。…

1,報道

子の連れ去り問題、強硬手段も=日本の対応「極めて遅い」-米高官

時事ドットコム
子の連れ去り問題、強硬手段も=日本の対応「極めて遅い」-米高官

【ワシントン時事】米下院外交委員会人権小委員会は28日、国際結婚の破綻に伴う親権争いを解決するルールを定めたハーグ条約に関する公聴会を開いた。出席したキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、子供の連れ去り問題の解決に向けた日本政府の対応は「極めて遅い」と不満を表明。迅速な対処を促すため、何らかの強硬手段を取る可能性に触れた。…

未分類

子どもの顔写真公表はなぜまずい?

裁判所宛に要望書たまった宿題を出すように、やんなきゃなあと勝手に課題にしていた最高裁宛の要望書を仕上げて、昨日郵送した。ちょっとは裁判所の運用が変わっていくことを期待するよ。昨日は予定だったつきそいがキャンセルになったので、一日時間ができ、その間にいろいろ対応しないといけない事務仕事が発生し、頼まれていた電話かけやらをいろいろした。仕事、議員会館、相談午前中、来週の取材の事前取材で都心に行った。そのままアポをとっていた議員の秘書さんに会いに行った。それから東京駅に行って、相談..
1,報道

朝日新聞社説:国際離婚条約 ― 子どもの幸せを第一に

7月12日朝刊

国際離婚条約 ― 子どもの幸せを第一に

 国境を越えた結婚が破綻(はたん)し、一方の親が無断で子どもを連れて出国した場合、子を元の居住国に戻し、面倒を見る者をその地の手続きに従って決める。

 国家間でそんな約束を取り交わすハーグ条約への加盟に向けて、国内法を整える作業が法制審議会などで始まる。…

5,意見・論文

法務省:親子の面会交流を実現するための制度等に関する調査研究報告書の公表について

詳細はこちらから

父母が離婚した後などの親子の面会交流を促進するための施策について検討を行うに当たっての基礎資料を収集することを目的として法務省が委託した親子の面会交流を実現するための制度等に関する調査研究の報告書を,法務省民事局において作成した同報告書の概要とともに,公表いたします。…

1,報道

共同:過去の連れ去りにも適用を 米下院、日米合意要求

詳細はこちらから

更新2011年07月22日 11:01米国東部時間

過去の連れ去りにも適用を 米下院、日米合意要求
 国際結婚が破綻した夫婦の一方が無断で子どもを日本に連れ帰る事例を「拉致」と見なして問題視し、日本政府に解決を要求する法案を審議している米下院外交委員会は21日、既に連れ去られた子どもが米国に確実に戻れるよう日米両政府が合意覚書を作成することを求める修正案を全会一致で可決した。今後、下院本会議に上程される。…

kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.52「民法766条改正に伴う家裁の運用改善を求める要望書」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                      ◆― No.52 ―◆…

未分類

九州の旅

帰省木曜日の夜から1年ぶりに実家のある大分に戻った大分空港に降り立つと、兄が迎えに来てくれていた。実家に帰ると、兄が釣ってきたウナギがテーブルに並んだ。翌日は、大分にいるのに、雑誌の編集の仕事の追われた。それでも、食べ物だけは自分で用意しなくても出てくるのがすごい、とか学生みたいな感想を言う。帰って変化と言えば、家の前の畑が潰れて家が建っていた。都市化しているのかといえば、イノシシが跳梁していて、車にぶつかったとか変な話題がはやっている。別府で陳情土曜日は福岡に呼ばれていたの..
未分類

13年

 長い間投稿できなかった。 実は3月8日、岐阜家裁で子どもに会うことができた。調査官調査の一環ということだった。実に13年ぶりだった。当時4歳だった子どもは18歳の青年になっていた。 もうすでに知らない若者だった。 でも面影が残っていて最初はうれしいばかりでにやけてしまった。 泣くに泣けない、うぷぷぷってな感じでまあ泣き笑いをしていたのだ。 子どものほうは冷静に「お金は持ってきましたか?」なんて言ってる。 一息ついてからは質疑応答が始まった。仕方がない、感動の再会なんて最初の..