kネットの情報

kネット・メールニュースNo.291「朝日新聞はシカト」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.291
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

夫婦別姓と女性の再婚禁止期間の規定が最高裁大法廷へ

http://bylines.news.yahoo.co.jp/bandotaro/20150224-00043302/

夫婦別姓と女性の再婚禁止期間の規定が最高裁大法廷へ
坂東太郎 | 早稲田塾論文科講師、日本ニュース時事能力検定協会監事
2015年2月24日 13時23分配信

●夫婦別姓で判例が出る見通し…

5,意見・論文

弁護士 小川義龍 の言いたい放題: 面会交流拒否で親権者変更 法律豆知識

http://ogawalaw.hatenablog.com/entry/2015/02/25/152215

福岡家庭裁判所 平成26年12月4日決定

 離婚後の親権者である母親が、父親に子供を面会させないということで、父親に親権者が変更された事例がある。毎日新聞の記事によると、次のとおりだ。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.238「会わせない親から親権はく奪、各社報道」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.238
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

毎日新聞: <福岡家裁>面会拒否で親権変更「父と交流実現のため」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000002-mai-soci

<福岡家裁>面会拒否で親権変更「父と交流実現のため」

毎日新聞 2月23日(月)7時0分配信

 離婚などが理由で別居する親と子供が定期的に会う「面会交流」を巡って、離婚して長男(7)と別居した40代の父親が、親権者の母親が拒むため長男と会えないとして、親権者の変更を申し立てた家事審判で、福岡家裁が父親の訴えを認め、親権者を父親に変更する決定を出していたことが分かった。虐待や家庭内暴力が理由で親権者の変更が認められるケースはあるが、面会交流を理由にした変更は極めて異例。…

1,報道

毎日新聞:面会交流:親子面会、4割実現せず 離婚・別居、調停成立でも−−日弁連調査

http://mainichi.jp/shimen/news/20141103ddm041040179000c.html

面会交流:親子面会、4割実現せず 離婚・別居、調停成立でも−−日弁連調査

毎日新聞 2014年11月03日 東京朝刊

 離婚や別居が原因で子どもと離れて暮らす親が、同居している親を相手に子との面会を家裁に申し立てる「面会交流」の調停で合意が成立したにもかかわらず、全く面会ができていないケースが4割超に上ることが、日本弁護士連合会の調査で分かった。合意後も面会実現は容易ではないと指摘されていたが、今回の調査で初めて裏付けられた。【伊藤一郎】…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.230「明日イベント・引き離しハラスメント」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.230
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

1,報道

毎日新聞:子どもの手続代理人:子の意見を代弁…制度2年で実績9件

http://sp.mainichi.jp/select/news/20141122k0000e040219000c.html

子どもの手続代理人:子の意見を代弁…制度2年で実績9件

13日前

 ◇認知度不足や報酬の仕組みがネックに

 離婚する夫婦のどちらが子を養うかなどを決める家庭裁判所での手続きで、子どもの意見を代弁する「子どもの手続代理人」制度が始まって2年近くになるが、選任実績が9件にとどまっている。選任経験のある弁護士は「子どもだけでなく、両親にもメリットがある」と意義を強調するが、認知度不足や報酬の仕組みがネックとなっている。…

1,報道

毎日新聞:<講座>「離婚後の子育て」支援 「子の気持ち」ワークショップも 来年1月25日、明石市が開催 /兵庫

<講座>「離婚後の子育て」支援 「子の気持ち」ワークショップも 来年1月25日、明石市が開催 /兵庫
毎日新聞2014年11月21日(金)12:32

 離婚時や別居時における子どもの養育支援策を実施している明石市は、子どもの気持ちを考えるワークショップを中心とした離婚後の子育て講座を2015年1月25日、同市東仲ノ町の市生涯学習センター(アスピア明石北館8階)で開く。自治体によるこうした取り組みは全国的にも珍しいという。…

1,報道

毎日新聞:ハーグ条約:早くも面会申請 「息子たち、元気か知りたい」

http://mainichi.jp/shimen/news/20140402ddm012010051000c.html

ハーグ条約:早くも面会申請 「息子たち、元気か知りたい」

毎日新聞 2014年04月02日 東京朝刊
ハーグ条約による面会交流援助の流れ
ハーグ条約による面会交流援助の流れ

 国際結婚が破綻して子を外国に連れ去られた場合、残された親が子の返還や面会を求める手続きを定めた「ハーグ条約」が1日、日本で発効した。「息子たちが元気かどうかだけでも知りたい」。2009年6月に8歳と6歳の息子をロシア人の元妻に連れ去られた東京都内の自営業の男性(48)は、初日に書類が届くよう3月31日に弁護士を通じて外務省に面会交流援助を申請、海外でも面会を求める動きが出始めた。…

1,報道

毎日新聞 :<ハーグ条約>国内初判断、母親に返還命令 大阪家裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000040-mai-soci

11月19日(水)15時1分配信

<ハーグ条約>国内初判断、母親に返還命令 大阪家裁

ハーグ条約による子の返還の流れ(日本人女性が日本に子を連れ帰った場合)

 国境を越えて連れ去られた子の扱いを定めたハーグ条約に基づき、スリランカに住む父親が、母親と日本に帰国したまま戻らなかった娘の返還を求めた審判で、大阪家裁は19日、父親の主張を認めて娘を返すよう母親に命じる決定を出した。4月に日本で条約が発効して以降、子の返還を求めた国内の審判で決定が出されたのは初めてで、日本の裁判所が海外に住む親の元に子を返すよう命じた最初の事例となった。…

kネットの情報

kネット・メールニュースNo.226「明後日、白馬村・子どもの帰宅権裁判、住民登録訴訟判決」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.226
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」…

他団体・個人の情報

ハーフを考えよう:ニュースから。「ハーグ条約:初の国外返還 日本人母の5歳児、ドイツへ」

http://half-sandra.com/column/2014/11/13/2740.php

ニュースから。「ハーグ条約:初の国外返還 日本人母の5歳児、ドイツへ」
2014.11.13

日本人の女性とドイツ人の男性の間に生まれた5歳のハーフの子が、

「ハーグ条約」によって、

ドイツに戻されたみたいですね。時間が経つと読めなくなってしまうので、一番下(※)に記事をコピペで貼り付けます。…

1,報道

毎日新聞くらしナビ・ライフスタイル:「子ども代理人」活用徐々に

http://mainichi.jp/shimen/news/20140228ddm013100007000c.html

くらしナビ・ライフスタイル:「子ども代理人」活用徐々に

毎日新聞 2014年02月28日 東京朝刊
拡大写真

 親の離婚、離れて住む親との交流など、子どもに影響を及ぼす家事調停や審判に、その子ども本人が弁護士とともに参加できる「子ども手続代理人制度」が昨年1月、始まった。まだ少数だが、全国各地で徐々に活用され始めている。制度の意義や課題を探った。…

1,報道

毎日新聞:<ハーグ条約>初の国外返還…日本人母の5歳児、ドイツへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141112-00000043-mai-soci

毎日新聞 11月12日(水)12時24分配信

<ハーグ条約>初の国外返還…日本人母の5歳児、ドイツへ

ハーグ条約による子の返還の流れ(日本人女性が日本に子を連れ帰った場合)

 国境を越えて連れ去られた子の扱いを取り決めたハーグ条約に基づき、日本人の母親と日本で暮らしていた5歳児が先月、外国に戻されていたことが、外務省への取材で分かった。日本で4月に条約が発効して以降、子が外国から日本に返還されたケースは3件あったが、日本にいる子どもが海外へ返還されたのは初めて。…