「離婚しても子に会いたい」は親のエゴか

2006年にジュリストに共同親権の民法改正試案を公表した水野さん。 最近では、「逃げる自由」を標榜して、実子誘拐の違法化反対の論陣を張るようになりました。 民法学者としての良心よりも、男性排除による権益保護のほうが重要と…

3か月前

「親子をもう一度」体験記① カレンダー作戦

私は、8年前に、当時3歳の子どもを連れ去られました。その後、1年以上の引き離しや間接強制決定等々の諸々が約2年半続き、最終的には高裁で和解離婚しました。面会交流に関しては、なんとか宿泊交流の実施で決着しました。但し、子ど…

6か月前

週刊金曜日(ヘイト雑誌)を買ってはいけない

別居親ヘイトのはじまり   週刊金曜日は2017年5月19日号で「『親子断絶防止法』はだれのためのもの?」という7ページの特集記事を組みました。その中では冒頭弁護士の斉藤秀樹氏が「問題のある別居親のための法律は…

7か月前

形骸化している履行勧告

面会交流の債務履行勧告を利用してみました。 FPICで無いと再会出来ない債務名義では無いにも関わらず FPIC以外では会わせるつもりは無いという実効支配親に対して 履行勧告を行う事は, 審判で定められていない調整を行うこ…

8か月前

「単独親権制」の正体

http://www.midori-lo.com/column_lawyer_110.html 「単独親権制」の正体 後藤 富士子 2017年1月 1.民法で強制される「単独親権制」 民法818条1項は「成年に達しない子…

9か月前