The Japan Times “ U.S. may up child custody pressure”

記事本文はこちらから
Thursday, Dec. 23, 2010

U.S. may up child custody pressure

By DAVID CARRY
The Associated Press

NEW YORK ― Japan and India are among America’s key allies. Yet to scores of embittered parents across the U.S., they are outlaw states when it comes to the wrenching phenomenon of “international child abduction.”

News photo
Left behind: Christopher Savoie is photographed with his son, Isaac, and daughter, Rebecca, at a park near their home in Franklin, Tenn., in June 2009. COURTESY OF CHRISTOPHER SAVOIE/AP

The frustrations of these “left-behind” parents run deep. They seethe over Japan’s and India’s noncompliance with U.S. court orders regarding children taken by the other parent to the far side of the world, and many also fault top U.S. leaders for reluctance to ratchet up the pressure for change.

“If they really made it an issue to solve these cases, I believe they could be resolved tomorrow. . . . They don’t have the will,” said Christopher Savoie of Tennessee.

Savoie was arrested in Fukuoka last year and spent 18 days in custody after a failed attempt to reclaim two children taken from Tennessee by his ex-wife in violation of a U.S. court order.

More than 80 nations have signed an accord aimed at curtailing such incidents, but only a handful of Asian countries are among them. Of the continent’s nonsignatories, Japan and India pose the biggest problem for the U.S. ― accounting for more than 300 cases, involving more than 400 children, opened by the State Department since 1994.

The State Department says it cares deeply about international parental child abductions, and a surge is expected.

The department’s special adviser on children’s issues, Susan Jacobs, and its top official for Asia, Assistant Secretary of State Kurt Campbell, have raised the topic on multiple occasions.

Campbell used the word “kidnapping” in protesting the many cases in Japan where mothers living overseas with foreign husbands returned home with their children and kept the fathers from having contact with them.

“This is a hard job ― we don’t get as many successes as we want,” said Stefanie Eye, chief of the State Department’s Eastern Hemisphere abductions division. “We want every child in the right place.”

Yet many of the parents feel current U.S. efforts are inadequate, as does their most vocal champion in Congress, Republican Rep. Chris Smith.

After Republicans take control of the House in January, Smith hopes to become chairman of a subcommittee with oversight of human rights issues and use that post to push a bill that would toughen the U.S. approach to child abductions.

The bill would establish the Office on International Child Abductions within the State Department, and create a mechanism for imposing sanctions on uncooperative countries.

“We need the full weight of the federal government behind each and every one of these left-behind parents,” Smith said. “My bill doesn’t guarantee success, but it guarantees their cases will not be ignored. . . . We’re not going to quit until it’s law.”

Smith wrote to President Barack Obama on Nov. 10 ― prior to Obama’s recent Asia trip ― urging him to step up pressure on Japan to resolve the pending cases. Simply encouraging Japan to join the Hague Convention isn’t sufficient, Smith said, because it wouldn’t be retroactive and thus wouldn’t help parents like Christopher Savoie.

Savoie, 39, remains unable to see his kids, now 10 and 8, and says he has only faint hopes of reuniting anytime soon. He said he was told by a State Department official that child abduction was a secondary issue compared with U.S. security and economic ties with Japan.

“We just give up and wave the white flag and kowtow to Japanese citizens committing crimes on U.S. soil,” Savoie said. “Because we want Toyota and Nissan to do well, and we want our bases there, we’re willing to sacrifice these children.”

Another frustrated father is Michael Elias, 26, a former marine who served in Iraq and now works as a sheriff’s deputy in New Jersey.

According to his testimony to Congress, Elias obtained a court order in October 2008 awarding him joint custody of his two children amid the breakup of his marriage to a woman he had met in Japan. He said the woman flew to Tokyo with the children two months later, in defiance of the order, and he has been unable to see them or speak to them by phone even though he has now been awarded full custody by a U.S. court.

Elias ― whose son is 3 and daughter almost 5 ― has attended several informational meetings convened by the State Department for left-behind parents.

“Every meeting I’ve ever been to, everybody tells me they’re working better, but I don’t see any progress at all,” he said.

Both Elias and Savoie have sought help from Smith, who in September helped push a resolution through the House of Representatives urging Japan to sign the Hague Convention and return abducted American children.

“Americans are fed up with our friend and ally Japan,” Smith said at the time.

In response, the Japanese Embassy in Washington said Japan is making “sincere efforts to deal with this issue from the standpoint that the welfare of the child should be of the utmost importance.”

Many times previously, Japan has said it would consider signing the Hague Convention, but it also has expressed concern that doing so might leave some Japanese women and their children vulnerable to abusive foreign husbands.

Stefanie Eye said that in Japan, unlike many Western countries, it’s accepted practice that only one parent ― usually the mother ― has custody of a child after a divorce. That leaves many fathers, including foreigners, unable to see their children until they are grown up because of lack of visitation rights.

“Part of what we’re doing is offering the Hague country perspective of why it’s important for children to have access to both parents,” Eye said.

The State Department says it knows of no cases where a child taken from the U.S. to Japan by one parent has been ordered by a Japanese court to return to the U.S.

There has been some progress elsewhere in Asia, Eye said. She cited an announcement by Singapore that it will sign the Hague Convention and a preliminary indication by South Korea that it will do likewise.

“We’re seeing a lot of movement,” she said. “We’re waiting for someone to stand out and be a leader.”

For the moment, India shows no signs of being that leader. Though a national law commission recently recommended that India sign the Hague Convention, the government hasn’t signaled it will be a priority, and an External Affairs Ministry spokesman, Vishnu Prakash, said in New Delhi that he had no comment on the issue.

“This government is not really interested in ensuring the children’s rights,” said Bharati Ali, codirector of HAQ, a nongovernmental children’s rights group in India.

The State Department’s assessment is blunt.

“Once a child has been abducted to India, remedies are very few,” an official advisory says. “India does not consider international parental child abduction a crime, and the Indian courts rarely recognize U.S. custody orders, preferring to exert their own jurisdiction in rulings that tend to favor the parent who wants to keep the child in India.”

Jeremy Morley, a New York lawyer who specializes in international family law, said India is “a safe haven for child abductors” in part due to its slow-moving court system.

“An abductor has ample time to create facts on the ground in terms of getting the child sufficiently settled into life in India as to justify an Indian court in ultimately deeming that it is best to keep the child in India,” Morley writes on his website.

The California-based Rakshak Foundation has tried to help numerous Indian-American fathers entangled in cases of alleged child abduction.

Among them is Avinash Kulkarni, 45, of San Diego, who says his son was taken to India by his ex-wife in 1990 when he was 6 months old and 18 years passed before he saw him again. He said he won a civil case against his ex-wife in 2001 but made no headway with the Indian legal system in efforts to reunite with his son.

“In India, the whole concept of human rights and fairness is nonexistent compared to here,” he said. “Fighting that is a losing battle. . . . I lost my prime years trying.”

Another father, Vipin Gopal, said he has been unable to exercise custodial and visitation rights granted by courts in Connecticut after his daughter was taken to India by his ex-wife four years ago.

“Recently, during a visit to India, the Obama administration negotiated multibillion-dollar trade deals and supported a U.N. Security Council seat for India,” Gopal said. “But if we can’t negotiate with India about the basic rights of our own children, that’s where America as a nation fails.”

Rex Arul, an energy consultant from Georgia, is trying to regain custody of his 3-year-old daughter, who was taken to India in July by his wife, a corporate attorney, in the midst of wrangling over a divorce. Arul said he subsequently obtained a U.S. court order awarding him custody, but he isn’t optimistic.

“The cards are stacked against me,” he said. “The Indian courts always say the priority is the child’s best interest, but in the end it’s always rewarding the abductor.”

Even among countries that have signed the Hague Convention, noncompliance can be a problem ― as evidenced by the case of Sean Goldman, who was taken to Brazil by his mother in 2004, when he was 4. Only in December 2009, more than year after the mother died, did Brazil’s Supreme Court agree the boy should be returned to his father in New Jersey.

Despite the slow movement in Asia, Eye said she found cause for encouragement: The Foreign Ministry recently opened an office to deal with abduction issues and has been asking “good questions” about the impact if Tokyo signed the Hague Convention.

9年前
  1. 機械翻訳による簡易和訳

    ジャパンタイムズ、「米国は監護権圧力にそうするかもしれません」

    編集

    米国は監護権圧力にそうするかもしれません。

    デヴィッドで、運んでください。
    AP通信

    ニューヨーク? アメリカの主要同盟国の中に日本とインドはあります。まだ米国中の何十人もの仲たがいした両親にとって、「国際的な子供の誘拐」のねじれ現象のこととなると、彼らは非合法な州です。

    報道写真
    後ろの左: クリストファー・サボアを彼の息子イサク、および娘と共に写真を撮られます、レベッカ、フランクリン、テネシー州のそれらの家の近くの公園で、6月2009日のCOURTESY OF CHRISTOPHER SAVOIE/AP通信で

    これらの「-後ろから、残された」両親のフラストレーションは根深いです。彼らはもう片方の親によって世界、および多くの反対側まで連れて行かれた子供に関する米国裁判所命令で日本とインドの不承諾について憤慨します、また、圧力につめ車装置で動かす不本意のための欠点トップ米国のリーダーは変化します。

    「彼らがこれらのケースを解決するために本当にそれを問題にしたなら、私は、明日それらを決議できたと信じています… それらには、意志がありません。」と、テネシーのクリストファー・サボアは言いました。

    サボアは、彼の前妻によって米国裁判所命令を違反してテネシーから連れて行かれた2人の子供を開墾する未遂の後に昨年、福岡で捕らえられて、18日間を保護ながら、過ごしました。

    80以上の国がそのような事件を縮小するのが目的とされた合意に署名しましたが、それらの中に一握りだけのアジア諸国があります。大陸の「非-署名者」では、日本とインドは最も大きい問題を米国に引き起こします–400人以上の子供にかかわって、1994年以来300以上のケースのための会計は国務省で開きました。

    国務省は、深く国際的な親の子供拉致を心配すると言います、そして、波動は予想されます。

    子供の問題の部の特別顧問のスーザン・ジェイコブズ、およびアジア、国務次官補のカート・キャンベルのためのその最高職員は、複数の時に話題を提起しました。

    キャンベルは、彼らの子供と共に海外で外国人の夫と同居する母親が、戻った日本の多くのケースについて異議を申し立てる際に家を「誘拐し」ながらその単語を使用して、父親には彼らとの接触があるのを妨げました。

    「これは難儀な仕事です–私たちは好きなだけ多くの成功を得ません」と、ステファニーEyeは言いました、国務省の東半球拉致事業部のチーフ。「私たちは、正しい位置にすべての子供が欲しいと思います」。

    しかし、両親の多くが、現在の米国の努力が不十分であると感じています、彼らの議会における最も声のチャンピオン、共和党員クリス・スミス下院議員のように。

    共和党員が1月に下院を制御した後に、スミスは、人権問題の見落としに応じて小委員会の議長になって、子供拉致への米国のアプローチを強くならせる請求書を押すのにそのポストを使用することを望んでいます。

    請求書は、国務省の中に国際Child Abductionsにオフィスを設立して、非協力的な国で制裁を加えるために仕組みを作るでしょう。

    「それぞれ後ろの連邦政府の全重量とこれらの後に残している両親の皆が必要です。」と、スミスは言いました。「私の請求書は成功を保証しませんが、彼らのケースは無視されないでしょう… 私たちがそれが法になるまでやめるつもりでないのを保証します」。

    訴訟中のケースを決議するために日本に対する圧力を上げるよう彼に促して、スミスは、オバマの最近のアジア旅行の前に11月10日にバラク・オバマ社長に書きました。日本がハーグ条約に合流するよう単に奨励するのは十分ではありません、とスミスは言いました、両親がクリストファー・サボアが好きであるのは、遡及効果がなくて、またその結果、助けないでしょう。

    39歳のサボアは、彼の子供、現在の10、および8に会うことができないままであり、彼にはすぐいつでも復縁するというかすかな希望しかないと言います。彼は、日本との米国セキュリティと経済結びつきと比べて、子供の誘拐が二次問題であると国務省の職員によって言われたと言いました。

    「私たちは、米国領土の上でただあきらめて、白旗を振って、犯罪を犯す日本人に卑屈に追従します。」と、サボアは言いました。「私たちが、トヨタと日産が順調であって欲しいと思って、そこで私たちのベースが欲しいと思うので、私たちはこれらの子供を犠牲にします」。

    別のだめにされた父親はマイケル・エリアス26歳です、イラクに勤めて、現在郡保安官代理としてニュージャージーで働いている元海兵隊員。

    彼の議会証言によると、エリアスは、2008年10月に彼が日本で会った女性との彼の結婚の粉砕の中に彼の2人の子供の共同保管制を彼に与えながら、裁判所命令を得ました。彼は、女性が2カ月後に子供と共に東京に飛んだと言いました、オーダーの挑戦で、そして、彼は電話で彼らを見るか、完全な保護が現在、米国法廷によって彼に与えられましたが、または彼らと話すことができません。

    エリアスは後に残している両親のために国務省によって召集されたいくつかの情報のミーティングに出席しました。(息子は、エリアスによるおよそ5の3と娘です)。

    「今までに、私がいたことがあるあらゆるミーティング、みんなは彼らがうまくいっていると私に言いますが、私は少しの進歩も全く見ません。」と、彼は言いました。

    エリアスとサボアの両方が9月に解決を押すのを助けたスミスからハーグ条約に調印するよう日本に促す下院まで助けを求めました、そして、リターンはアメリカ人の子供を誘拐しました。

    「アメリカ人は私たちの友人と同盟国日本にうんざりします。」と、スミスは当時、言いました。

    応答では、ワシントンの日本の大使館は、日本が「見地からのこの問題に対処するための、子供の福祉が最重要性のそうであるべきである誠実な努力」を作っていると言いました。

    以前に、日本が、ハーグ条約に調印すると考えていると言いましたが、また、そうするのが何人かの日本人の女性と彼女らの子供を虐待的な外国人の夫にとって傷つきやすい状態でおくかもしれないのが、懸念を示したという何回も。

    ステファニーEyeは、多くの西側諸国と異なった、片方の親(通常母親)だけには子供の保護が離婚の後にあるのが、日本では、慣例であると言いました。それは多くの父親を置き去りにします、外国人を含んでいます、彼らが子供と会う権利の不足のため成人であるまで、彼らの子供に会うことができません。

    「私たちがしていることに関する部分は子供が両方の両親に近づく手段を持っているのが、重要である理由のハーグ国の見解を提供しています。」と、Eyeは言いました。

    国務省は、米国から日本まで片方の親によって連れて行かれた子供が、米国に戻るよう日本の法廷によって命令されたケースを全く知らないと言います。

    いくらかの進歩がアジアのほかの場所にありました、とEyeは言いました。彼女はシンガポールによるハーグ条約に調印するという発表とそれが同様にする韓国による予備の指示を引用しました。

    「私たちは多くの動きが見えています。」と、彼女は言いました。「私たちは、だれかが際立って、リーダーであることを待っています」。

    さしあたり、インドは、そのリーダーである兆候を全く示していません。国内法令コミッションですが、最近推薦されて、ハーグ条約、政府がそれに合図していないというインドサインが優先と、External Affairs Ministryスポークスマンになるのが(ビシュニュ・プラカシュ)ニューデリーで彼が問題でノーコメントであると言いました。

    「この政府は本当に子供の権利を確実にしたがっていません」と、Bharatiアリは言いました、HAQの共同監督、インドの民間の子供の人権団体。

    国務省の査定は鈍いです。

    公式の状況報告に「いったん子供をインドへ誘拐すると、療法はほんのわずかです。」と書かれています。「インドは、国際的な親の子供の誘拐が犯罪であると考えていません、そして、インドの法廷はめったに米国保護命令を認めません、インドに子供をおきたがっている親を支持する傾向がある判決におけるそれら自身の管轄を出すのを好んで」。

    ジェレミー・モーレイ(国際的な家族法を専攻するニューヨーク弁護士)は、インドが遅い移動式である裁判制度のため一部「子供誘拐者のための安全な避難所」であると言いました。

    モーレイは、彼のウェブサイトに「誘拐者には、インドに子供をおくのが最も良いと考えながら子供を結局インドの法廷を正当化するほど十分インドの人生まで決着させることに関して事実を地面に作成する十分な時間があります。」と書きます。

    カリフォルニアを拠点とするRakshak財団は申し立てられた子供の誘拐に関するケースに巻き込まれた多数のインドにアメリカ人の父親を助けようとしました。

    Avinash Kulkarniそれらにおける45のサンディエゴ(彼が6カ月目であり、彼が再び彼を見る前に、数1990年が経過したとき、彼の息子が彼の前妻によってインドに連れて行かれたと言う)があります。彼は、彼が2001年に前妻に対して民事事件を獲得したと言いましたが、彼の息子と再会するための取り組みにおけるインドの法的なシステムで足踏みしました。

    「インドでは、ここと比べて、人権と公正さの全体の概念が実在しません。」と、彼が言いました。「すなわち、見込みがないのに努力します… 私は主要な何年ものトライを失いました」。

    別の父親(Vipinゴパル)は、4年前に彼の娘が彼の前妻によってインドに連れて行かれた後に、コネチカットの法廷によって与えられた保管と訪問権利は行使できないと言いました。

    「オバマ政権は、最近、インドへの訪問の間、何十億ドルの取引協定を交渉して、国連安全保障理事会の席をインドに支えました。」と、ゴパルは言いました。「しかし、私たちが私たち自身の子供の基本的な権利に関してインドと交渉できないなら、それは国としてのアメリカが行き詰まるところです」。

    レックスArul(ジョージアからのエネルギーコンサルタント)は彼の3歳の娘の保護を取り戻そうとしています、法人の弁護士、離婚について口論する中で。その娘は、7月に彼の妻によってインドに連れて行かれました。Arulは、彼が次に保護を彼に与えながら米国裁判所命令を得たと言いましたが、彼は楽観的ではありません。

    「カードは私に対して不正な揃え方をされます。」と、彼は言いました。「インドの法廷は、いつも優先権が子供の最も良い利益のためであると言いますが、結局、いつも誘拐者の報酬を与えます」。

    ハーグ条約に調印した国の中でさえ、不承諾は問題であるかもしれませんか?単に2009年12月に彼が4歳であったときに、2004年に彼の母親によってブラジルに連れて行かれたショーン・ゴールドマンのケースによって証明されるように、母親の後の年が消え失せたよりもう少し、ブラジル最高裁判所は、少年がニュージャージーの彼の父親に返されるべきであるのに同意しましたか?

    アジアでの動作緩慢にもかかわらず、Eyeは、彼女が奨励の原因を見つけたと言いました: 外務省は、最近、拉致問題に対処するためにオフィスをオープンして、日本政府がハーグ条約に調印したなら、衝撃に関する「良い質問」を尋ねています。

コメントは停止中です。