The Mainichi Daily news:Japan, U.S. agree to start work on setting new strategic goals

Secretary of State Hillary Rodham Clinton and Japanese Foreign Minister Seiji Maehara speak with reporters following their meeting at the State Department in Washington, Thursday, Jan. 6, 2011. (AP Photo/Cliff Owen)

Secretary of State Hillary Rodham Clinton and Japanese Foreign Minister Seiji Maehara speak with reporters following their meeting at the State Department in Washington, Thursday, Jan. 6, 2011. (AP Photo/Cliff Owen)

TOKYO (Kyodo) — Japanese Foreign Minister Seiji Maehara and U.S. Secretary of State Hillary Clinton agreed Thursday to launch work on setting new common strategic goals as part of efforts to deepen the Japan-U.S. security alliance amid a challenging environment in the East Asia region.

During the talks at the State Department, the two foreign ministers also agreed that North Korea must cease its provocative actions and take concrete steps to abandon its nuclear program before dialogue with Washington can be held or the six-party talks on denuclearizing Pyongyang resumed.

Clinton said she and Maehara also agreed to hold the so-called two-plus-two meeting involving the defense and foreign ministers of both sides “in the coming months.”

“The United States and Japan will also enhance cooperation on the full range of global and strategic issues, from nuclear proliferation to maritime security, and from global economic recovery and growth to energy security and climate change,” she said in a statement.

But a Japanese official said that while the two countries will explore the appropriate timing for the meeting, it remains unclear whether it will take place ahead of Prime Minister Naoto Kan’s trip to the United States slated for the spring.

On North Korea, while noting that dialogue between Pyongyang and Seoul should take place first, Maehara told a joint press conference after his talks with Clinton, “If North Korea takes concrete steps, there is no reason for us to reject the reopening of the six-party talks as China has proposed.”

Echoing his view, Clinton said, “We are determined to move forward, to end the provocative behavior, and to once again focus on the denuclearization of the Korean Peninsula.”

Maehara and Clinton also agreed that China needs to play an important role on the peninsula and to ask Beijing to do more to resolve the North Korean nuclear standoff. The denuclearization talks involving the two Koreas, China, Japan, Russia and the United States have been stalled since December 2008.

On bilateral relations, the two foreign ministers agreed to accelerate consultations on deepening the bilateral security alliance to pave the way for Kan’s U.S. visit to meet with President Barack Obama, when the two leaders are expected to release a joint statement on the matter.

On the relocation of the U.S. Marine Corps’ Futenma Air Station in Okinawa Prefecture, Maehara and Clinton reaffirmed that Tokyo and Washington will continue to seek the transfer based on the May accord to move the U.S. base within the southern island prefecture.

Maehara also noted the need to reduce the base-hosting burden on the people of Okinawa, referring to the importance of gaining the understanding of local people, the Japanese official said.

Clinton said, “The United States is firmly committed to our alliance with Japan, and we continue to work on the full range of significant issues that are part of this bedrock security alliance, and of course Futenma is part of that.”

At the press conference, Maehara stressed close communication with Clinton, noting that he has met her four times since he became foreign minister about four months ago.

Among other issues, the two foreign ministers agreed to continue to cooperate on securing stable supplies of strategic materials such as rare earth minerals.

Maehara and Clinton also reaffirmed that Japan and the United States will proceed with talks on multilateral free trade schemes, including the Trans-Pacific Partnership agreement — a U.S.-backed regional free trade agreement.

Clinton also called on Japan to join the 1980 Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction, a global treaty on child custody, in light of growing complaints over cases in which a Japanese parent, often a mother, brings a child to Japan without the consent of the foreign parent and denies the other parent access to the child.

Maehara told Clinton that the Japanese government will consider the matter seriously.

Following the meeting with Clinton, Maehara also held talks with Vice President Joe Biden and agreed on the importance of the bilateral security alliance.


2 Comments
  1. 機械翻訳による簡易和訳

    日報ニュース: 日本、米国が始動するのに同意するMainichiは新しい戦略的な目標を設定するのに働いています。

    編集
    ワシントンの国務省の彼らのミーティング、2011年1月6日木曜日に続いて、国務長官のヒラリー・ロダム・クリントンと日本人の外務大臣Seiji Maeharaはレポーターと話します。 (AP写真/クリフ・オーエン)
    ワシントンの国務省の彼らのミーティング、2011年1月6日木曜日に続いて、国務長官のヒラリー・ロダム・クリントンと日本人の外務大臣Seiji Maeharaはレポーターと話します。 (AP写真/クリフ・オーエン)

    東京(共同?) 日本人の外務大臣Seiji Maeharaと米国国務長官のヒラリー・クリントンは、木曜日に東アジアの地域のやりがいがある環境の中に日本-米国安全保障同盟を深めるための努力の一部として新しい一般的な戦略的な目標を設定しながら仕事に乗り出すのに同意しました。

    また、国務省での会談の間、2人の外務大臣が、北朝鮮がワシントンとの対話を開催できる前に、核開発計画を捨てるために挑発的な行動をやめて、具体的な方法を取らなければならないのに同意したか、または平壌を非核化するときの6カ国協議は再開しました。

    クリントンは、また、彼女とMaeharaが、「来たる月」に両側のディフェンスと外務大臣にかかわるいわゆる2足す2ミーティングを開くのに同意したと言いました。

    「また、合衆国と日本は最大限の範囲のグローバルで戦略の問題で協力を機能アップするでしょう、核拡散から海事セキュリティーまでグローバルな景気回復と成長からエネルギー安全保障と気候変動まで。」と、彼女は声明で言いました。

    しかし、日本人の職員は、2つの国がミーティングの適切な時期について調査しますが、スプリングに予定された合衆国への管直人首相の旅行の前に行われるかどうかが、不明瞭なままで残っていると言いました。

    北朝鮮では、平壌とソウルとの対話が最初に行われるべきであることに注意している間、Maeharaが、クリントンと共に、「北朝鮮が具体的な方法を取るなら、中国が提案したように、私たちが6カ国協議の再開を拒絶する理由が全くいない」と彼の会談の後の共同記者会見に言いました。

    彼の視点を反映して、「私たちは、前方へ動いて、挑発的な振舞いを終わらせて、もう一度朝鮮半島の非核化に焦点を合わせるのにおいて決心しています。」と、クリントンは言いました。

    また、Maeharaとクリントンは、中国が、半島で重要な役割を果たして、北朝鮮の核にらみ合いを決議するためにそれ以上のことをするように北京に頼む必要であるのに同意しました。 2008年12月以来北朝鮮と韓国、中国、日本、ロシア、および合衆国にかかわる非核化会談は、遅らせられています。

    相互関係では、2人の外務大臣が、バラク・オバマ社長に会うためにカンの米国の訪問へ道を開くために双方の安全保障同盟を深めるときの相談を加速するのに同意しました、2人のリーダーがその件に関する共同声明をリリースすると予想されるとき。

    沖縄県での合衆国海兵隊の普天間Air駅の移転のときに、Maeharaとクリントンは、日本政府と米国政府が、南島の県の中で米軍基地を動かすために5月の一致に基づく転送を求め続けるのを再び断言しました。

    また、Maeharaは沖縄の人々でベースを接待する負担を減少させる必要性に注意しました、現地人の理解を獲得する重要性について言及します、と日本人の職員は言いました。

    「合衆国はしっかり日本との同盟に心がけます、そして、私たちは、この岩盤安全保障同盟の一部である最大限の範囲の重要な問題に働き続けています、そして、もちろん、普天間はその一部です。」と、クリントンは言いました。

    記者会見では、Maeharaはクリントンとの近いコミュニケーションを強調しました、約4カ月前に外務大臣になって以来彼が4回彼女に会っていることに注意して。

    他の問題の中では、2人の外務大臣が、レアアース鉱物などの戦略物資の安定供給を保証するとき協力し続けているのに同意しました。

    また、Maeharaとクリントンは、日本と合衆国が多面的な自由貿易計画で会談を続けるのを再び断言しました、Trans太平洋のPartnership協定を含んでいます–米国によって支持された地域自由経済圏構想。

    また、クリントンは、日本が1980年の国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約に合流するよう呼びかけました、監護権でのグローバルな条約、日本人の親(しばしば母親)が外国人の親の同意なしで日本に子供を連れて来て、子供へのもう片方の親アクセスを拒絶する場合に関する増加している苦情の観点から。

    Maeharaは、日本の政府が真剣にその件を考えるとクリントンに言いました。

    クリントンとのミーティングに続いて、Maeharaはまた、ジョー・バイデン副社長と会談して、双方の安全保障同盟の重要性に同意しました。

  2. Pingback: Tweets that mention 共同親権ニュースドットコム » The Mainichi Daily news:Japan, U.S. agree to start work on setting new strategic goals -- Topsy.com

Comments are closed.