ベン・アフレック&ジェニファー・ガーナー、離婚がようやく正式に決定

 2005年に結婚し、2010年に離婚することを発表した俳優のベン・アフレックと女優のジェニファー・ガーナー。破局後も3人の子供たちを交えて家族で過ごす姿が見受けられていたが、発表から3年にして、ようやく離婚が成立するという。Us WeeklyやTMZなどの海外メディアが報じた。

【写真】元妻ジェニファーや子どもとの仲睦まじい姿も「ベン・アフレック」フォトギャラリー

別居から2年後の2017年に裁判所へ離婚申請を行ったジェニファーとベンが、財産分与に関する取り決めで合意したという。離婚までに時間がかかったのは、2人が婚前契約を結んでおらず、全ての財産を共有していたためとのことだ。現在12歳になる長女バイオレット、9歳の次女サラフィーナ、6歳の長男サミュエルの親権に関しては、共同親権になるという。

ベンは現地時間22日、アルコール依存症の治療のため、ジェニファーの運転でリハビリ施設に入所したが、ベンが治療を終えて退所してから関係書類に署名し、裁判所に提出されることになっているとのことだ。

ベンは最近、交際していたテレビプロデューサーのリンジー・シューカスと破局したが、ジェニファーはベンのアルコール問題と恋愛事情について認識していたという。ジェニファーはベンが断酒して自分を立て直しすることに集中できるよう、離婚手続きを急いでいなかったが、8月中旬に裁判所より、離婚の取り決めに至らなければ離婚申請の手続きを中止すると警告されていたという。

3か月前