ナヤ・リヴェラ、ライアン・ドーシーとの離婚が成立。

ナヤ・リヴェラ(31)とライアン・ドーシー(34)の離婚が成立した。『glee/グリー』で知られるナヤは、2年前に提出した離婚届けが今週になってロサンゼルス上位裁判所に受理され、2歳の息子ジョージー君の共同親権を所有するかたちで同意に至ったと「ザ・ブラスト」が報じた。

ナヤ・リヴェラの写真をもっと見る。

2人は財政支援の権利を互いに放棄したとみられている。

半年前にはバージニア州チェサピークで感謝祭の休日を過ごしていた際に息子を巡って口論となり、ライアンに暴力を振るったとしてナヤが逮捕される事件もあった。当時ライアンは警察に通報したものの、後に起訴を取り下げたため、ナヤの家庭内暴力の罪は不起訴となっていた。

ライアンはその一件に関して以前、SNSでこう説明している。「僕ら家族みんなにとって難しい時期にある。ナヤと僕にとってはなおさらだ。これはリアリティ番組なんかではなく、僕らの人生だ。だからみんな、特にメディアには僕たちのプライバシーを尊重するのと同時に、自分が愛する人たちを扱うのと同様の態度で僕たちやこの状況に触れるようお願いしたい。非難の気持ちなしに親切心と尊敬心を持って。ネガティブな状況ではあるけれど、前向きさと愛情を持って。よろしくお願いします」。

ナヤはその事件の1週間後に「和解出来ない相違」を理由にライアンとの離婚を再申請していた。2014年に挙式した2人は2016年11月に一度破局に至っていたがその後復縁しており、事件の2カ月前に離婚申請を取り下げた矢先の出来事だった。

VOGUE JAPAN

3か月前