トランプ氏、移民親子の引き離しを停止 イヴァンカ氏働きかけ?で方針撤回

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は20日、対メキシコ国境での移民親子引き離し措置を停止する大統領令に署名した。国際社会からの批判が高まる中、方針を撤回した形だ。米メディアによると、長女のイヴァンカ(Ivanka Trump)大統領補佐官の働きかけがあったという。

【写真】トランプ大統領の大統領令署名に立ち会ったイヴァンカ氏

トランプ政権の不法入国者取り締まり策をめぐっては、親から引き離された子どもたちが泣く痛ましい映像や音声が報じられ、抗議の嵐が巻き起こっていた。

トランプ大統領はかねて、議会だけがこの問題を解決できると主張。だが大統領令の署名に際し、「これは家族を一緒に保つための措置だ。家族が引き離されるのを見るのは快くなかった」と述べた。

トランプ大統領の突然の方針転換の背景にはイヴァンカ氏の関与があったもようだ。イヴァンカ氏はこの問題について公にコメントを出していないが、CNNテレビや米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)によると、トランプ大統領は19日夜の会議で議員らに、イヴァンカ氏からこの問題を持ち出されたと語ったという。

CNNが共和党のクリス・コリンズ(Chris Collins)下院議員の話として伝えたところによれば、トランプ大統領はイヴァンカ氏が「画像」を見て、「たくさんの理由から」この危機に対処すべきだと訴えたと語ったという。

カルロス・クルベロ(Carlos Curbelo)下院議員も、トランプ大統領が「娘のイヴァンカ氏からこれを止めるよう促された、自分もこれを終わらせる必要性を認めている、画像は悲痛だ、法的な解決を探っている」と語ったと明かしている。

一方、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)のマギー・ハバーマン(Maggie Haberman)記者はツイッター(Twitter)に、トランプ大統領の話として、イヴァンカ氏から「お父さん、これどうするの?」と言われたと投稿している。【翻訳編集】 AFPBB News

5か月前