フランス、囚われの面会交流

日本が共同親権ではないため、
フランスでも在仏邦人が子どもと引き離されています。

Article 22 novembre 2017(1)

フランスSUD OUEST紙11月22日号

「子どもたちを取り戻すめ犠牲は厭わない」

ジロンド:一人の日本が 親権を取り戻すためフランス司法 と戦っている

言葉には反対のが発せられ 恐れには相手も恐れを返す。40 歳の日本人 歳の日本人 歳の日本人 歳の日本人 歳の日本人 Osamu Osamu は、親権を 元妻に奪われた 元妻に奪われた 自身の 子ども たち を取り戻そうと 2009 年 12 月より奮闘を続けている。 11 歳と 8歳になる息子と娘の 歳になる息子と娘の できるだけ近くにいるために、 日本での生活を捨てメドック地方に移住し、 ブドウ畑の一区画を借りて ワイン造りをしながら暮ら している。「日本に残ったとら、二度と子どもたちに会えなかったでしょう。それは私の人生計画にないこと」と言う。

「何も前触れはなかった」

彼はボルドーでワイン醸造学の生だったとき、妻なり二人の子母る とき、妻なり二人の子母る とき、妻なり二人の子母る とき、女性と出会った。夫婦は日本を生活の拠点しが、 Osamuは「彼女は向こうでの生活に慣れ なかった 」と話す。妻とクリスマス休暇にフランスに戻った際、通達官を通して 離婚の意志を伝えられた。 何も知らされていなかった Osamuは 「妻は前もって 家族と準備を整えていたのです」と嘆く。「大きなショックでし た。その日うちに 、子どもの目前で家外に 放り出されたのです」 。
その後も子どたち との面会は実現できている。当初は義理の親家で 、ビデオで監視されながら。 それだけでなく、 義理の母は少ない面会の間も同じ部屋でアイロンがけをしたり、同じタイミングに友人を招いて傍で話すなどスパイのように監視した。 「到着時にはバッグの 中身確認 を強いられた 」と Osamuは数えきれない屈辱を受けたと話す。
元妻は夫側の暴力とアルコール依存を主張している。それらについて公的機関では認知されておらず 、証拠はない。 夫は元妻の主張を否定している。子どもの措置変更の申請を担当している夫側の弁護士 サード・ベラダ氏(Saad Berrada)は「家族が 笑って幸せだった写真は100枚以上あるというのに、親権を失わせるために怪物であるかのような 主張 がな されてい る」と訴える。

連れ去らることへの恐れ

司法は既に決定を下しており、 離婚は成立している。 家事件裁判官も 控訴院も 既に何回も渡って母のみへ親権を認めいる。子どたちと面会は職員立会いの中、 ブスカ市 (Bouscatジロンド 33 県)に設けられた公の機関でのみ 行われており、一緒の外出は認めらていない。「隔週土曜だけでは短すぎる」と言う父は、子どもの距離ができつあることや 、日本文化への親しみが減っていること に失望している。彼の希望は週末二日間とも父親と一緒に過ごし 、父親とての役割を再び果たすことである。
ベラーダ氏は「フランスの裁判所は子どもたちを父親孤児にさせ、日本の裁判所が母親にするのを望まないであろう内容を父親に押し付けている。 お互いに相手側への不安を抱えている状況だ 」と日本大使館へ協力を要請 している。
それに対する 元妻の弁護士イザベル・フェニィウ=ピガオ氏 (Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle Isabelle Feniou Feniou Feniou-Piganio Piganio Piganiol) は次のように話す。「Osamuは元妻 との話し合いを拒み、子どもの医療や教育について意見交換できないので、元妻は彼が無関心であると解釈しており、 成熟し責任感のある父親としての態度ではない思っいる」。更に、子どものカウンセラーが「父親に対する否定的で不安なイメージ」 を語っていると言う。元妻は父親が子どもを連れて日本に行っしま い、 その後戻って 来ないのではかと危惧してる。 最後に 弁護士は言う「子どもの国際的な移動について 日本がハーグ条約にサインし加盟していても、日本は共同親権をまだに認めていなので、日本人親が親権において有利になるのではないかという恐れがあります 」。
Osamuは言う「彼女は私が諦めるのを待っています、私は諦めたくありせん」。

フロランス・モー記者 (Florence Moreau)

1か月前