人身保護法違反容疑で男逮捕 栃木

裁判所の決定に従わず、長男を妻に引き渡さなかったとして、23日、人身保護法違反の疑いで、容疑者(48)を逮捕した。

同署の調べによると、容疑者は、元妻(35)と離婚後、裁判所から監護者を元妻と指定されながら、その後確定した判決にも従わず、長男と同居を続け、引き渡す義務に従わず、同法による救済を妨げた疑いが持たれている。

同署によると、離婚後の子供の引き渡し問題で、同法を適用して逮捕に至る例は極めてまれという。

【産経新聞 最終更新:6月24日8時1分】

10年前