引き離し弁護士らの詐病の手口に被害当事者が対応し医師から謝罪を得る

最近、別居後の父親の面会強要により適応障害を発症したと診断し、「面会交流は病状を悪化させるので控えるのが好ましい。」と書かれた意見書を相手方が出してきたケースで、 画期的なことですが、父親が医師に事情を説明し、穏やかに面談を申込んだ…

棚瀬 孝雄さんの投稿 2017年9月10日

 

 

1年前