さくらフィナンシャルニュース:【速報】娘の親権を巡って争った元那須塩原市副市長・渡邉泰之氏が激白

http://sakurafinancialnews.jp/?p=1709

【速報】娘の親権を巡って争った元那須塩原市副市長・渡邉泰之氏が激白:「子どもを連れ去り、DVをでっち上げ、7年間も親子の関係を断絶した親でも親権が貰えるとのお墨付きをこの鬼丸かおる最高裁判事は与えた」「欧米でも、韓国、中国にもない、世界的に非常にユニークな制度を日本は採用」
投稿者: 編集長 | 2017年7月17日
0件のコメント

鬼丸かおる最高裁判所裁判官/裁判所のHPより

【7月17日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

長女を元妻に連れ去られ面会できていないという元栃木県那須塩原市副市長の渡辺泰之氏が、長女の親権をめぐって争っていた最高裁での「上告不受理」決定を受けて、以下のようなコメントを自身のfacebookに掲載しています。

渡邉泰之氏の今までの裁判闘争では、東京高等裁判所では「菊池洋一」、最高裁判所では「鬼丸かおる」という裁判官という名前が登場しますが、これらについては、新たに項を設けて論じることにしたいと思います。

最高裁、まさかの上告不受理、と言う事で、7年以上にわたり連れ去られた娘を取り戻す戦いはひと段落です。
勿論、娘が私に会えていない状況は変わっていません。また、相手側は上告不受理通知の数日前に面会交流調停を取り下げてきました。
相手側の行為を決して許す訳にはいきません。
これからあらゆる手段を使って娘が私に会えるようにしてゆきます
(そのやり方を今時点で申し上げられませんが、私のケースに希望を持ってくれていた当事者の方は絶望しないで下さい。まだ、終わってません)
不受理の判断をした「鬼丸かおる」と言う弁護士出身の裁判官は、司法修習時代に、裁判官志望であったにもかかわらず、妊娠が発覚し任官を断られたとのエピソードをお持ちのようです。
このような経験がどのように判断に影響したのかは知りませんが、一審と二審で事実認定に差はないにもかかわらず結論が割れていた以上、法律解釈の重大な誤りがあるかどうかの検討を最高裁はしなければならなかったはずです、にもかかわらず不受理と門前払いをした事は、明らかな誤りです。
いずれにせよ、子どもを連れ去り、DVをでっち上げ、7年間も親子の関係を断絶した親でも親権が貰えるとのお墨付きをこの鬼丸氏が与えたことは、最高裁が「親権欲しけりゃ、子どもを先に拉致しろ」と断言した事を意味します。
子どもができた瞬間から夫婦はバトルロワイヤルに入る、と言う事です。
欧米でも、韓国、中国にもない、世界的に非常にユニークな制度を日本は採用する事になります。
衆議院が解散された際には、最高裁判事の国民審査も併せて行われます。
その際には是非「鬼丸かおる」と言う判事の名前を思い出して頂きたいと思います。