調停内部資料、当事者男性に誤って渡す 津家裁、事実に反する記述も 

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=373848&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113

2016/6/15 朝刊

 津家裁が二〇一四年に扱った離婚調停の内部資料を、誤って当事者の四十代男性に手渡し、資料の中で男性について「発達障害の可能性が高い」と、事実と異なるとみられる記述をしていたことが分かった。

(ここまで 94文字/記事全文 874文字)

3年前