娘と5年以上別居父に親権 異例判決の裏に裁判所への外圧

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/178916/2

娘と5年以上別居父に親権 異例判決の裏に裁判所への外圧

2016年4月8日

「ようやく当たり前のことが認められた形です。父親と母親が“共同”で子育てしていくことは国際社会の常識。日本の裁判所では『連れ去った側が全部正しい』というムチャクチャな論理がまかり通ってきました。2年前には国際結婚が破綻した際の子供の扱いを定めた『ハーグ条約』を日本も締結し、外国からの圧力も非常に強くなっています。裁判所としても『今のままではヤバいぞ』という思いがあったのではないでしょうか」

 母親は控訴する方針で、すぐに娘が父親の元に返ってくるわけではない。父親は2歳の時から5年以上も娘に会えていないが、裁判中も娘はすくすく育っていく。一番かわいい時に、そばにいてあげられないのだ。超党派の「親子断絶防止を考える議員連盟」会長で弁護士でもある保岡興治衆院議員はこう言う。

「今回の判決は本当に子供のことを考えていて評価されるものです。議連としても、子の利益を最善に考えて親が行動するための『親子断絶防止法』という法案を準備している。近く議員立法として提出します」

 いち早い法案成立を祈るばかりだ。

3年前