kネット・メールニュースNo.276「覚せい剤の裏に単独親権あり」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.276
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「家庭裁判所に法の支配を。日弁連に人権の確立を。」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 このメールニュースは、主に共同親権運動、親子引き離し問題
 についての情報を発信するものです。 2016年2月9日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス
1 2月11日、発送ボランティアの募集
2 覚せい剤の裏に単独親権あり
3 こじコン応募フォーム
4 報道

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

親子が親子であるということ、それは人権

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫1 2月11日、発送ボランティアの募集
┗┛┻────────────────────────────

kネットでは、総会案内、及び各種発送物の発送作業を
2月11日に予定しています。

人手が足りません。ご協力いただける方からの
連絡お待ちしています。

munakata@kyodosinken.com

2月11日(木)13:00~
@くにたち公民館印刷室集合

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫2 覚せい剤の裏に単独親権あり
┗┛┻────────────────────────────

連日、清原さんの逮捕劇が報じられていますが、
産経新聞は、子どもと離れた子どくが背景にあることを報じています。

子どもに会えない親がみんな覚せい剤をするわけではないので、
だからしかたないという話にはなることはないですが、
辛さを忘れたいほどの経験だというのはわかります。

たとえば、同様の事件では、元光GENJIの赤坂さんが
子どもに会えないつらさから覚せい剤で逮捕されたと
報道されたことがありました。

http://www.enta-tubo.com/article/393453775.html

一つ言えるとしたら、単独親権と子どもとの引き離しは、
起きなかったかもしれない犯罪の原因になりうるということです。

■産経新聞2月3日(水)
清原容疑者逮捕 「1人ぼっちで部屋にいる」孤独深めた“余生” 息子、母親へ募る思い…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000576-san-soci

■産経新聞2016.2.3
清原容疑者、離婚後に涙「子供のためにもがんばらないと…」 小倉智昭が素顔明かす
http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/160203/ent16020311550008-n1.html

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫3 こじコン応募フォーム
┗┛┻────────────────────────────

こじコン、応募フォームを作りました。
本人からでもいいよ!

 http://kyodosinken.com/?p=6411

===== ===== ===== =====

共同親権運動ネットワークでは、
「親どうしが別れても親子が親子であるために」
共同親権の実現を求めてきました。
親どうしの関係と親子関係を分け、
発足以来一貫して、片親引き離しの被害を社会問題として訴えてきたのです。

家庭裁判所が徐々に「原則交流」へと舵を切る中、
「子どもが親に会えるかどうかは親どうしの関係次第」
「女が子どもを見るのが当たり前」
「男は黙って金を出せ」
という旧来の考えから抜けられな弁護士たちがいます。

子どもと引き離された親の親としての尊厳を踏みにじり、
ローハラによって当事者間の関係をいたずらにこじらせ
「こじらせ弁護士」と呼称を与えられるようになりました。
背景には、新規業務の拡大に離婚業務に乗り出した弁護士たちの増加があります。

「子どものために双方の親が養育に関われるように親どうしの協力関係を斡旋する」
というのが離婚時の本来の弁護士の役割です。
旧態依然の弁護士業界の発想の転換を促すため、
私たちは「こじらせ弁護士大賞」を設けました。

日時 2015年3月6日(当日はkネットの総会です)
   13:00~16:00

場所 東銀座313ビルセミナールーム
(東京都中央区銀座3-13-19 東銀座313ビル8F)

審査基準「夫婦・元夫婦間の関係をこじらせるのに多大な貢献をした人」

審査員 ライター、議員等4名
(審査委員は各20点、会場は10点、ネット投票は10点、計100点)

表彰
・こじらせ大賞(グランプリ)
・準こじらせ大賞(準グランプリ)
・こじらせ特別功労賞(こじらせ活動、発言で多大な貢献をした団体、個人)
・こじらせネット大賞(ネット投票グランプリ)

===== ===== ===== =====

あなたも参加できます!

~2・20 ノミネート受付(自薦・他薦歓迎)
2・22 ノミネート者発表。ネット投票開始(~3・5まで)

*kネットホームページでも投票、発表を行います。
http://kyodosinken.com/

ノミネート者募集要項

下記の項目を明記の上で以下の連絡先まで
メール contact@kyodosinken.com (件名に「こじらせノミネート」と明記ください)
ファックス 042-848-0877

・応募弁護士(ノミネート候補者)の名前・所属弁護士事務所・所属弁護士会
・紹介文(200字、こじらせの概要)
・アピール文(500字程度、こじらせの詳細)
・3月6日での発言の希望の有無
・応募者(自薦・他薦者)のお名前・連絡先(メール・電話)
*匿名での推薦は受け付けません。
また紹介文・アピール文が字数を大幅にオーバーした場合も
採用できない場合があります。

問い合せ 共同親権運動ネットワーク
     03-6226-5419 contact@kyodosinken.com

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫4 報道
┗┛┻────────────────────────────

静岡新聞で連載していました。
同居親側の支援について触れているのが新しいところです。

1月28日
「わが子」に会いたい~離婚と面会交流 (1)裁判勝っても保障なく
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00010000-at_s-l22

1月29日
「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(2)親権争い さらなる遺恨
http://www.at-s.com/news/article/women/series/205120.html

1月30日
「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(3)同居の祖父母 かやの外
http://www.at-s.com/news/article/women/series/205473.html

2月2日
「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(4)心の整理できずに困惑
http://www.at-s.com/news/article/women/series/206322.html

2月3日
「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(5・完)「子の利益」当事者任せ
http://www.at-s.com/news/article/women/series/206610.html

【★現在の読者数 628人】
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
赤坂君が逮捕されたのがちょうど自分が当事者になった年。
あまり状況が変わってないのがよくわかる。(宗像)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

4年前