ハーフを考えよう:ニュースから。「ハーグ条約:初の国外返還 日本人母の5歳児、ドイツへ」

http://half-sandra.com/column/2014/11/13/2740.php

ニュースから。「ハーグ条約:初の国外返還 日本人母の5歳児、ドイツへ」
2014.11.13

日本人の女性とドイツ人の男性の間に生まれた5歳のハーフの子が、

「ハーグ条約」によって、

ドイツに戻されたみたいですね。時間が経つと読めなくなってしまうので、一番下(※)に記事をコピペで貼り付けます。

元々は親子3人でドイツで生活をしていたのが、母親が6月に子供を連れて(父親に無断で)日本に来たため、ドイツに取り残された父親が8月にドイツ政を通じて子の返還を求めた、という流れ。

このニュースを見ていて思うのは、国際結婚の場合、「女性が男性の住んでいる国に行って住む」というケースが逆よりも圧倒的に多いけど、「最初に住む国」を実は女性側も慎重に検討したほうがいいのかもしれない、ということ。というのは子供を生んでから、夫の同意のないまま子供を連れて国外に出るとアウトになってしまうので。。(たとえ、それが母親にとっては母国であっても。)

でも以下(※)のニュースに関しては、5歳児がドイツに返還される際に母親もドイツに同行しているみたいだし、裁判をせずに話し合いにより返還されたとのこと。

このハーグ条約は、家庭内の話に、いわば「政府が口を出す」ということで、日本ではこの条約自体に違和感を持っている人もいるようですが、まずは子供の幸せが第一ですね。そしてその幸せのためにはやっぱりハーグ条約は一躍かっているのだと信じたいです。

※以下、記事のコピペ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハーグ条約:初の国外返還 日本人母の5歳児、ドイツへ

毎日新聞 2014年11月12日 東京夕刊
 国境を越えて連れ去られた子の扱いを取り決めたハーグ条約に基づき、日本人の母親と日本で暮らしていた5歳児が先月、外国に戻されていたことが、外務省への取材で分かった。日本で4月に条約が発効して以降、子が外国から日本に返還されたケースは3件あったが、日本にいる子が海外へ返還されたのは初めて。【伊藤一郎】

 同省ハーグ条約室によると、この5歳児は父親がドイツ人で、日本とドイツの両方の国籍を持つ。親子はドイツで生活していたが、母親が今年6月、父親に無断で子を日本に連れ帰った。

 取り残された父親は8月下旬、ドイツ政府にハーグ条約に基づいて子の返還を求めた。

 ドイツ政府から日本の外務省に援助要請があったため、外務省が国内の母親に接触して交渉。話し合いを経て母親が子の返還に同意し、10月中旬、子は母親に連れられドイツへ戻されたという。

 ハーグ条約は、子を元いた国に返還するかどうかは連れ去られた側の申し立てによる裁判で決めるとするが、両国の政府の仲介で話し合いにより解決することも認めている。今回は、裁判によらないで返還された。

 条約に基づく子の返還を巡っては、日本人夫婦の父親が5月、母親と共に英国に渡った7歳児の返還を求めて英国政府に直接援助を申請。英国の裁判所の命令で子が7月に日本に戻されたケースが初適用だった。

 その後、やはり日本人夫婦の母親が3歳児を無断で米国に連れ出し、日本に残された父親が日本の外務省を通じて返還の援助を申請。話し合いを経て母親が9月下旬、日本に連れ帰った。

 また、米国人の父親が日本人の母親に無断で8歳児をスイスに連れ出し、母親が日本の外務省を通じて子の返還を要請したケースでは、スイスの裁判所が返還命令を出し、9月下旬に子が日本に戻された。

 同省によると4月以降、日本の外務省に「子の返還」を求める援助申請は23件あり、日本にいる子の返還申請は14件、海外にいる子の返還申請は9件。

==============

 ■ことば
 ◇ハーグ条約

 正式名称は「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」。一方の親が了解なしに子供を国外に連れ出した場合、もう一方の親の返還要求に基づき子供を元の国に戻す義務を規定している。主に国際結婚で破綻したケースが想定されているが、同じ国籍の夫婦にも適用される。日本では今年4月に発効し、7月には日本人の子の返還命令が初めて出された。加盟国は93カ国。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンドラ・ヘフェリン

5年前