外務省:非常勤職員の募集(ハーグ条約中央当局調査員)

非常勤・期間業務職員

http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page18_000178.html

非常勤職員の募集(ハーグ条約中央当局調査員)

平成26年1月22日

 外務省では、ハーグ条約に関して、以下の要領にて非常勤職員の募集を行います。積極的なご応募をお待ちしております。

1 採用期間
(1) 平成26年3月1日から平成26年3月31日まで(予定)
(2) 採用開始時期については応相談
(3) 採用期間については3年を超えない範囲での延長の可能性を応相談

2 職務内容
 ハーグ条約各締約国の中央当局の運用実態の調査・研究、ハーグ条約中央当局立ち上げのための準備作業、ハーグ条約発効後の中央当局としての条約実施業務等

3 待遇
 採用後は、非常勤の国家公務員(ハーグ条約中央当局調査員)として、外務省総合外交政策局ハーグ条約室(東京都千代田区霞が関2-2-1、外務本省内)に勤務することとなります。基本給は原則として外務省内規に沿って格付けの上支給されます。健康保険、厚生年金保険及び雇用保険については、一定の基準を満たした場合、加入します。

4 採用予定者
 1名

5 勤務日、勤務時間
 週5日、9時30分から18時15分の間で週29時間を超えない範囲(昼休憩12時30分から13時30分)とする。

6 応募資格
(1) 大学卒業又は同等の学歴を有すること
(2) 民法(特に家族法)、民事訴訟法、家事事件手続法、行政法の知識を有していること(同分野における実務又は研究の経験を有していれば望ましい)
(3) 業務遂行(文章読解、文書作成、口頭での協議)に必要な英語能力を有すること
(4) 日本国籍を有し、外国籍を有しないこと(確認のため戸籍謄本の提出を求めることがあります)
(5) 次のいずれかに該当するものは、今回の募集に応募できません。
 (ア) 成年被後見人又は被保佐人
 (イ) 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなく なるまでの者
 (ウ) 一般職の国家公務員として懲戒免職処分を受け、当該処分の日から2年を経過しな い者
 (エ) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に整理した政府を暴力で 破壊することを主張する政党その他団体を結成し、又はこれに加入した者

(注)民間企業からの出向を希望される方は、所属組織人事当局の内諾を得てください。なお、当方が求める職務内容、勤務時間と両立する範囲であれば、兼業は可能です。

7 申請期限及び申請書類の送付先
(1) 締切:平成26年2月10日(必着)
(2) 郵送先:〒100-8919
         東京都千代田区霞が関2-2-1
         外務省総合外交政策局ハーグ条約室
(注)郵送の際、封筒の裏に「ハーグ条約中央当局調査員」と朱書きしてください。

8 申込書類
(1) 履歴書1通(書式は問いませんが、写真を必ず添付してください。また、これまでの高校卒業以降の学歴及び職歴を1ヶ月単位で全て記入してください。)
(2) 国際的な家事紛争分野での研究成果や執筆論文等がある場合は、それらの写し。
(注)提出いただいた応募書類は返却いたしません。

9 選考方法
(1) 第一次選考:書類審査
(2) 第二次選考:一次選考合格者に対してのみ連絡の上、面接試験を実施します。実施日時は、一次選考合格者に対し直接担当者よりお知らせします。

10 問合せ先
 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
 外務省総合外交政策局ハーグ条約室 柿原
 電話番号 03-3580-8000(代表)(内線:5906)

7年前