国際離婚紛争―親権や面接権の議論を 朝日新聞 社説

10月20日 朝日新聞社説
国際離婚紛争―親権や面接権の議論を

国際問題より前に、国内問題だというのを訴えていきたいですね。
今日は、別の新聞の法務担当の記者さんから電話がありました。週一回、千葉法相の記者会見に出ているそうなので、是非ご理解をお願いしたいです。

英文なのですが、コリン・ジョーンズ先生のジャパン・タイムズ記事

Best interests of the bureaucracy’standare applies of Japan
官僚主義の最善の利益、が日本の基本的な適用

ハーグ条約への未加入は二次的な問題で、日本国内での連れ去りが広く行き渡った問題である、と指摘されています。

10年前