kネット・メールニュースNo.138「熊本でも交流会開催!」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■  kネット・メールニュース  No.138
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

★選ばなくっていい パパの家 ママの家

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 このメールニュースは、主に共同親権運動、親子引き離し問題
 についての情報を発信するものです。 2013年10月3日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【家庭裁判所に法の支配を/日弁連に人権の確立を】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス
1 若林辰繁が東京高裁判事に!「家庭裁判所チェック2013」
2 小田切紀子著『離婚』
3 「息子が誘拐された。犯人は妻だった。」ポスターはB2
4 10月の交流会、熊本でも

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

☆『子どもに会いたい親のためのハンドブック』好評発売中!】☆彡
http://www.shahyo.com/mokuroku/life/feminism/ISBN978-4-7845-1489-2.php

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫1 【警報】若林辰繁が東京高裁判事に!「家庭裁判所チェック2012」
┗┛┻────────────────────────────

家裁監視団より東京高裁管轄地域に【警報】です。
千葉家裁松戸支部で

「法務大臣が国会で何を言おうと関係ない。
国会審議など、これまで参考にしたことは一度もない」

と放言して、数々のメディアを席巻した
若林辰繁裁判官、この4月から東京高裁の判事に
なっていることが明らかになりました。

http://www.e-hoki.com/judge/3143.html?hb=1

関東周辺で抗告を考えている皆様、
ご注意ください。

若林情報については以下から。

http://kasaicheck.seesaa.net/category/13951416-1.html

なお、kネットでは、
昨年の家庭裁判所のオンブズ活動について
まとめた「家庭裁判所チェック2012」をホームページ上に
公開しました。

家庭裁判所チェック2012年版 当事者からの現場からの実態調査レポート アンケート調査結果、裁判官に気をつけろ2012 他

詳しくはそちらから!
(若林情報、「ぶっちゃけ時事放談問題」、FPIC問題、
家裁アンケート結果報告など充実)

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫2 小田切紀子著『離婚』
┗┛┻────────────────────────────

(1)低い養育費、面会交流取り決め率の記事

この間、ヤフーニュースで養育費や面会交流の取り決め率について
度々記事になっています。

■養育費、親子面会の取り決めをしない子持ち離婚は約半数
@DIME 8月22日(木)9時25分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130822-00000305-dime-soci

■離婚するとき「養育費」を決めている夫婦はなぜ少ないのか?
@弁護士ドットコム 9月29日(日)18時5分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00000815-bengocom-soci

なお、前者の記事は以下のようなアドバイスが載っていますが、
弁護士でも人を選ばないと、望まない離婚を強いられ、
相手との関係が悪化し、泥沼化。
弁護士だけが儲かる、という結果になりかねないのでご注意を。

「弁護士に依頼しようと思っても敷居が高くて相談しづらい、
費用が心配、という人も多いが、
後悔のない再スタートと子どもの将来のためには、
弁護士に相談をするのはベストな選択であることは間違いない。」

(2)小田切紀子著『離婚』

当事者向けに書かれた本の中で
手軽で、離婚時に子どもに配慮するべきことも含めて
コンパクトにまとまっています。
著者は、アメリカで親教育の実践について最近報告しています。

『離婚―前を向いて歩きつづけるために』

http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%A2%E5%A9%9A%E2%80%95%
E5%89%8D%E3%82%92%E5%90%91%E3%81%84%E3%81%A6%E6%AD%A9%
E3%81%8D%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%9F%
E3%82%81%E3%81%AB-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%
E3%83%AA%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%
A9%9FQ-A-%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%88%87-%E7%B4%80%E5%AD%90/
dp/478191246X/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1380760334&sr=8-3
&keywords=%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%88%87%E7%B4%80%E5%AD%90

こんな記述もあります。

・子どもに離婚をどう伝えるかについて
「別れる決心をする前の生活のほうが辛かったこと、
親は今より幸せになるために子どものことも考えて
離婚するといことを伝え、離婚が家族みんなが幸せに
なるための選択であることを伝えましょう」

・養育費や面会交流の不履行について
「結婚生活では、相手に腹が立てば、いろいろな形で
相手を懲らしめたり罰を与えることができます。
しかし、離婚して離れて暮らすようになると、
相手に罰を与える手段は子どもかお金になります。
すなわち養育費を支払わない、子どもに会わせない
という手段で相手を懲らしめようとします。
つまり、子どもを犠牲にして相手を制裁しているのです」

(3)国立市の取り決め率、全国平均を大幅に上回る

すでにお伝えしましたが、
国立市の養育費、面会交流の取り決め率は、
養育費で全国平均の17%アップ、
面会交流で12%アップ、
という目に見える変化があります。

窓口で取り決めを促しただけで
これだけの効果があります。

■未成年の子のいる夫婦の協議離婚届け出件数 58件
(離婚届届け出総数111件)

■面会交流欄へのチェック  52件(89.7%)
 うち
 「取り決めをした」    39件(67,2%)

■養育費欄へのチェック   52件(89.7%)
 うち
 「取り決めをした」    42件(72,4%)

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫3 「息子が誘拐された。犯人は妻だった。」ポスターはB2
┗┛┻────────────────────────────

「息子が誘拐された。犯人は妻だった。」
ポスター制作のためのイベントです。

ポスターはB2(515 × 728 ミリ)です!

*チケット購入者にはポスターと
『子連れの離婚をする前に』を差し上げます。
当日来られない方は後日郵送いたします)

申込み方法 
メールまたは電話で郵便番号・住所・氏名・電話番号をお知らせの上、
下記の口座まで入金ください。

三菱東京UFJ銀行国立支店(普)0072170ケイネット

メールでの返信、または電話受付でもって受付いたします。
当日受付でお名前をお伝えください。
ご入金のない方は当日券での受付となりますのでお気を付けください。

共同親権運動ネットワーク  
メール contact@kyodosinken.com  
TEL03-6226-5419

===== ===== ===== =====

☆単独親権から、共同親権へ。

親としての認識をスイッチする。
この国の矛盾した法律をスイッチする。
子どもを不幸にしている社会をスイッチする。
子どもの連れ去りを 見て見ぬふりをしてきた
現状を考えるための集いです。
もしあなた自身が一人で苦しんでいるなら、
同じ状況で苦しんでいる様々な方々と 様々な話をしにいらしてください。
そして、この機会に、あなた自身の意識をスイッチしてみてください。

*このイベントの収益はポスターの製作経費に充てられます。

http://kyodosinken.com/2013/09/14/k%e3%83%8d%e3%83%83%
e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81%e
3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc-%e3%80%8c%e6
%81%af%e5%ad%90%e3%81%8c%e8%aa%98%e6%8b%90%e3%81%95%e3%82%8c/

パネルディスカッション 共同親権に気づいた私たちの変革

■コメンテーター
・木戸寛行
(クリエイティブ・ディレクター、コピーライター、
ポスター「息子が誘拐された。犯人は妻だった。」を制作。
ポスターは東京コピーライターズクラブのコンテストで入賞)

・堀尾英範
(医師。「60歳ですが、ここからが私の本番です。
共同養育についてこれまで私が勉強した内容を本にまとめました。
情報革命を進めて、変革を起こすためです」。
『子連れの離婚をする前に』著者)

・原健二郎
(パイロットから転身して起業。
「みんなの子どもを社会で育てる」チャイルドネット株式会社社長。
保育事業など子育て支援に取り組む)

・杉山程彦
(弁護士。子どもを連れ去られて法曹界の不条理に気づく。
連れ去りの違憲性を問う)

■進行 宗像充
(ライター、共同親権運動を発案。
kネット運営委員、『子どもに会いたい親のためのハンドブック』著者)

日時 2013年10月26日(土)
12:45会場13:00開始~16:30終了

場所 東銀座313ビルセミナールーム
(東京都中央区銀座3-13-9東銀座313ビル8階、
地下鉄東銀座ビル徒歩3分)

内容 13:00~パネルディスカッション
「共同親権に気づいた私たちの変革」
    14:40~スイッチパーティー
(ワンドリンク、軽食付き。一品持ち寄りも歓迎です)
チケット 前売り3000円、当日3500円
(定員になり次第締め切らせていただきます)

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫4 10月の交流会、熊本でも
┗┛┻────────────────────────────

新しく熊本でも始まりました。
詳細は以下から
http://kyodosinken.com/category/news/topics_events/kouryuukai/

*地元で交流会を開催したいという方、
kネットまでお問い合わせください。
開催にご協力いたします。

■熊本<お茶会>
10月5日(土)
毎月、第一土曜日(14時~16時)
【場所】益城町情報交流会館ミナテラス
   (町サポの和室にて)
【TEL】090-3986-8870
【メール】tanachu2011@hotmail.co.jp

■宮崎
2013年10月5日(土)18時~20時(毎月、第一土曜日)
【場所】宮崎市民活動センター(小会議室)
〒880-0001 宮崎市橘通西1-1-1
宮崎市民プラザ3階
【TEL】0985-47-6797
【参加費】無料
【メール】knetmiyazaki@yahoo.co.jp

■鹿児島
2013年10月12日18時~21時(毎月、第二土曜日)
*場所の詳細はお問い合わせください。
☎070-5270-3251
【メール】kagoshimaoyako@willcom.com

■別府
2013年10月19日(土)18時~21時(毎月、第三土曜日)
【場所】別府市野口ふれあいセンター(大分県別府市野口元町12-43)
☎0977-21-2208
【参加費】500円
【メール】itumo.itumademo.oyako@gmail.com

■札幌「コトオヤネットさっぽろ(と面接交流ネット)の定例会」
日時:10月19日午後1時~3時
場所:レストラン「Robata 魚一心」札幌市白石区南郷通13丁目南3-2 
電話(011)866-2133
連絡先 カタラン菊之進まで TEL(011)777-9331

■国立
日時 10月20日(日)13:00~15:00
場所 くにたち公民館中集会室(銀座の交流会とは別です)
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/shisetsu/s_city/001127.html
参加は無料(直接会場にお越し下さい)
主催 kネット(担当・宗像)
連絡先 03-6226-5419     
info@kyodosinken.com

■銀座
【日時】2013.10.22(火) 19:00~21:00(入退出自由です!)
【場所】銀座セミナールーム 東京都中央区銀座3-13-19東銀座3138F
【参加費】 500円(運営費等含む)
【お問い合わせ先】 090-4964-1080(植野史)

【「共同養育・面会交流」リーフレット配布中】

共同親権運動ネットワークでは、
共同養育、面会交流の普及促進のために啓発のための
リーフレットを作成しました。

http://kyodosinken.com/wp-content/uploads/2012/11/menkai_leaf_
2012%20knet_0104.pdf
http://kyodosinken.com/wp-content/uploads/2012/11/menkai_leaf_
2012%20knet_0203.pdf

ご活用いただくとともに、関係機関への配布を行っています。
配布にご協力いただけるかたは、
共同親権運動ネットワークまでご連絡下さい。
こちらから必要な枚数(10枚から)をお送りいたします。
また、離婚時の取り決めだけでなく、
調停や審判、裁判でもご活用ください。

お問い合わせは以下
TEL 03-6226-5419
FAX 03-6226-5424
Eメール info@kyodosinken.com(kネットリーフレット配布係)

【★現在の読者数 466人】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集部より】
メールニュース読者からのイベントのお知らせ、その他投稿歓迎。
「イベントのお知らせ」に関しては、
タイトル及び内容を400字内で、
またその他コラム等に関しては2000字程度で
「メールニュース投稿」と件名に付して、
以下までお送りください。
info@kyodosinken.com
なおお送りいただいた投稿は紙面の都合上
掲載できない場合があります。あらかじめご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、ホームページで購読申込みされた方、
kネットにお問い合せいただいた方、名刺交換をさせていただいた方、
kネットメンバーと交流をいただいている方、
kネットのセミナーに参加された方、
お世話になっている方にお送りしています。
送付が不要な方はお知らせください。

★編集部後記【やめてよね! 片親排除法制】

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
部総括判事や、東京高裁の判事などに
暴言や法律無視の発言、公務員としていかがなものかの
発言をする人が少なくない。
そういう人が裁判所では出世するか、
あるいは行き場所がなくなって家裁で打ち止めになる
ということなのでしょうか。(家裁監視団)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

6年前