法律時評2013年4月号通巻 1058号「小特集 離婚後の面会交流」

法律時評2013年4月号   通巻 1058号

http://www.nippyo.co.jp/magazine/maga_houjiho.html

【法律時評】

■特集
ADRの現在

ADRの現在──企画の趣旨……中山幸二
今、ADRに望むこと……青山善充
ADR法改正の課題……山田 文
ADRにおける二つの理念型と調停技法……菅原郁夫
国民生活センター紛争解決委員会によるADRの概要と実施状況……枝窪歩夢
自動車製造物責任相談センターの活動……佐藤昌之
当事者支援型ADRをめぐる司法書士会調停センターの実際……稲村 厚
医療ADR……児玉安司
ADRの利用を促進する方策──イギリスの議論から学ぶもの……長谷部由起子
ドイツにおけるADR──メディエーション法の成立……渡部美由紀
フランスのADR法制……垣内秀介

■小特集
離婚後の面会交流──問題の多様性と望まれる法システム

離婚後の面会交流──企画の趣旨……二宮周平
離婚・別居後の面会交流の問題点……福市航介
面会交流の支援……桑田道子
ドメスティック・バイオレンス事例への対応……立石直子
面会交流における子の意思──片親疎外(症候群)理論を巡って……佐々木健
面会交流と子どもの最善の利益──スウェーデンとフィンランドでの展開を中心に……高橋睦子
親権・監護権・親責任──比較法の観点から……小川富之
望まれる法システム──まとめに代えて……二宮周平

 


5年前