フジテレビ安倍FNN世論調査[ハーグ条約も]

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00241128.html

安倍内閣支持率69.6% 2カ月連続で上昇 FNN世論調査

 内閣支持率が、右肩上がりとなっている。FNNがこの週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は7割近くにのぼり、2カ月連続で上昇した。

調査は、23日と24日の2日間、電話で行い、全国の有権者1,000人から回答を得た。
安倍内閣の支持率は、2012年12月の政権発足時が55%、1月が64.5%で、今回は69.6%まで伸びた。
2カ月で、15ポイント近く上昇している(14.6ポイント)。
「支持しない」人は、18%だった。
「安 倍首相の指導力」(62.5%)、「景気・経済対策」(56.0%)、「外交・安全保障政策」(55.9%)を評価する人は、いずれも6割前後にのぼった のに加え、中国海軍によるレーダー照射や(90.1%)、北朝鮮による核実験への対応について(89.1%)、いずれも9割前後の人が「評価する」と答え た。
自民党の政権復帰が、日米関係にプラスになると見る人は8割を超え(84.4%)、日米同盟をさらに強化する安倍内閣の方針を、8割近くが評価している(76.5%)。
今回の日米首脳会談のテーマで、安倍首相が近く交渉参加を表明する方向のTPP(環太平洋経済連携協定)については、「参加表明すべき」の「賛成」派が半数を超えた(53.0%)。
また、普天間基地の辺野古への移設(46.8%)、「集団的自衛権」行使に向けた見直し(53.3%)、それに、国際結婚が破綻した際の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」への加盟(58.0%)に「賛成」の人が多数を占め、いずれも5割前後にのぼった。
政党別支持率でも、自民党支持がさらに拡大し、40%を超え(41.8%)、民主党は5%余りと(5.3%)、支持率続落傾向に歯止めがかからない。
24日に党大会を開いた民主党の政権復帰に期待する人は、わずか1割台で(16.9%)、期待しない人が8割近く(78.9%)、民主党は綱領で憲法を改正するのか、改正しないのか、方針を明確にするべきだと「思う」人は、7割を超えている(72.8%)。

7年前