日弁連:院内集会「日本の人権状況に関する普遍的定期的審査(UPR)について」

院内集会「日本の人権状況に関する普遍的定期的審査(UPR)について」

http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2013/13_0222.html

2012年10月31日、国連人権理事会作業部会において、第2回目となる日本の人権状況に対する普遍的定期的審査(UPR)が行われました。
2008年に行われた前回の審査と同様に、刑事司法制度をはじめ女性や子どもの権利等について各国から数多くの勧告がなされました。
なかでも、死刑制度に関しては、死刑の廃止または執行停止を求める内容や、死刑確定者処遇の改善を求めたものも含めて計24か国から、代用監獄制度の見直 しについても前回を上回る5か国から勧告がなされています。また、移住労働者の権利、子どもの権利、両性の平等、人身取引対策、包括的差別禁止法の制定等 について多数のコメントが述べられたほか、パリ原則に則った国内人権機関については、設置に向けたこれまでの取組を評価し、実現に向けて引き続き取り組む よう求める発言がなされました。
勧告を受けた日本政府は、本年3月の第22回会期までに、勧告を検討し、受け入れるか否かを表明します。国際社会が示した勧告や各国政府によって表明され た懸念・質問にどう応えるのか。日本政府の対応が国際的に注目されているなかで、UPR日本審査の経過について報告し、日本政府のあるべき対応について考 える院内集会を開催することといたしました。
皆様、奮って御参加ください。

日時 2013年2月22日(金) 11時30分~13時30分(開場11時15分)
場所 参議院議員会館地下1階B101会議室
参加費等 参加費無料

事前申込要(チラシ2枚目の申込用紙にてお申し込みください。)

※本集会は、会場が議員会館内となるため、事前申込みを行っていただきますようお願いいたします。

 

PDFチラシ兼申込用紙(PDFファイル;145KB)

内容(予定) ○ 2012年10月31日に行われた国連人権理事会作業部会の概要報告
○ 勧告の受入れ及び実現に向けた政府の対応方針(関係省庁の担当者にも御参加いただけるよう呼びかけています)
○ 意見交換
主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先 日本弁護士連合会法制部法制第二課
TEL:03-3580-9985/FAX:03-3580-9920
御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会の個人情報保護方針に従い厳重に管理します。
また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会又は日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当連 合会が有益であると判断する情報を御案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状 態で公表することがあります
PAGETOP
7年前