AERA:「連れ去り」容認する司法

AERA2012.10.29
「子に会えぬ」現役副市長が実名で告発
「連れ去り」容認する司法
離婚や別居を機にわが子に会えなくなってしまう「連れ去り」問題。
その蔓延を放置してきた司法のあり方に、現役の副市長が実名で問題提起する。
(以下略)

5年前