AFP:米下院外交小委員会で“子の拉致”への制裁法案が承認、通過。

以下、google翻訳

犯罪 年3月28日 – 11:00 AM JST (15

ワシントン発 –

火曜日、米国議会の委員会は、子どもの拉致問題に取り組まない国を制裁し、子どもを外国人の親に決して返還しない日本に圧力をかけるための法案を承認した。

下院外交委員会人権問題等小委員会は、拉致問題を速やかに解決しようとしない国への文化や科学の交流を中止または輸出認可を拒否する道を開く法案を承認した。

「遅れに終わりが見えず、適切な説明責任が欠如する現在のシステムでは、あまりにも失敗が多すぎる。」とニュージャージー州選出共和党議員で同小委員会の議長であるクリス·スミス議員は言う。

「今は国際的な義務を遵守させるという要求を罰則で担保させる試みをする時であり、敵であり友人である日本に『子供が最重要』であることをはっきり示すべきだ。」とスミス議員は言う。

この措置が法律になるためには、まだ下院の本会議の承認と上院の承認を必要とする。

法案は、すべての国に適用されるだろうが、米国は、日本人との間に生まれた子どもたちへのアクセスを求めて120件以上の事件を追求してきた米国人の親らは日本での事件に適用される期待している。

日本の裁判所は、事実上、外国人の親、特に男性に親権を与えることはないし、当局は、日本に奪われた子を外国に返還したこともない。

日本は長い間、虐待から女性を保護するためだと主張してきた。しかし、外国の圧力が増す中で、日本の指導者は、子どもが元々住んでいる国に子供を返還しなければならない1980年のハーグ条約への批准を表明している。

しかし、日本が条約に調印したとして、将来の事例に適用されるのみである。

在日米軍として一緒に救助を行ったダグ·バーグさんは、2009年に二人の子供を日本に拉致されたが、昨年の津波の後は子供からの音信がまったくないと言う。

「これまで子供を見ることができたのは夢の中でだけ。私は子どもらが住んでいる場所もわからない。私が知ることも許可されていない。」とダグ・バーグさんは言う。

「我々が日本を同盟国だと呼ぶことを残念に思う。」と彼は言う。

法案は、子どもの拉致事件が6週間以上の保留されている場合、大統領がもう一方の国に対し外交政策を変更することを発令する。

10件以上の事件を保留する国があれば、米国は援助の差し止めと交流や公式訪問を取りやめ、物資の輸出許可を付与することを拒否するよう厳しい措置を取る可能性がある。

©2012 AFP

6年前