theSunDaily:米国の少女が日本の4年後に父親と再会

以下、google翻訳(転載者)
 

米国の少女が日本の4年後に父親と再会

4時47分 – 2011年12月24日に掲載

ASI/AFP-XV85

シカゴ(2011年12月24日):日本への元妻元気が彼らの娘の後に4年近く離れて、ほぼすべての彼の試みが彼女に会いにブロックされ、ウィスコンシン州の医師は、金曜日彼の少女の家を歓迎-ちょうどクリスマスに間に合うように。

カリーナは、シカゴのオヘア空港での習慣や心理的な評価をクリアするために彼が待っていたとして、”私の心は私は非常に神経質です、ドキドキしていますが準備ができて、”モイゼスガルシアは彼のFacebookのページに書いている。

“それはすべての感情です!私は絵はすべてこれらの4年の私の心に渡して確認することができます。私はほとんど涙を得る。私はちょうど私が彼女の最初を参照するときに反応する方法がわからない。私は全力を尽くす。”

ガルシアは彼女の母、恵美子井上は、2008年2月に日本に5歳のカリーナを取った後に戻って彼の娘を得るために熱心に戦った。

彼は彼がウェブサイトに彼が彼女のために戦ったどのようにハード彼の現在9歳の娘を表示するように設定で、親の日にカリーナの学校に加え、どれだけ彼が逃した日本の裁判所と驚きの訪問によって付与された3つの参観を文書化彼女の。

井上は彼女の米国の居住者を更新4月にハワイに飛んでまで、それはまだ別の絶望的なケースのように思えた。

税関職員は、彼女のファイルにフラグを発見し、彼女は、児童誘拐の容疑で逮捕された。

彼女は検察との司法取引に達するまで、井上は、ウィスコンシン州の刑務所で数ヶ月を過ごした:彼女の両親は、ガルシアと井上にカリーナの自宅を送ると代わりに長い懲役刑の執行猶予を与えられます。

カリーナは金曜日眠っ後に”彼女は彼女の少し驚いた…彼女の妹のMAYAを愛し、”ガルシアは記している。“カリーナは、素晴らしい子です。”

それは、日本人の親による誘拐米国の子供が裁判所のシステムの助けを借りて、米国に戻されたのは初めてのことです。

日本は国が通常の居住国に不当に開催された子供を返すように要求する1980年大会の一部ではないエイト先進大国のグループの唯一のメンバーです。

国際的な批判に留意し、日本はハーグ条約に署名するために原則的に合意しています。しかし動きは、将来のケースにではなく、米国の親は日本の子供たちを求めている120以上の継続的なケースに適用されます。

日本の裁判所は、事実上外国人の親に親権を授与することはありません。

“これまでに、子供の問題の事務所は、良好な日本の裁判所の命令を介して、または、日本政府の援助によって解決された例の記録を持っていない、”米国務省は、そのウェブサイトによると。

子供の拉致事件で年間活動している議員クリストファースミスは、、カリーナの復帰のニュースを歓迎したが、彼女の母親が米国に帰国したような場合は異常と言った。

“私たちの願いは、これは彼らがこれらのケースを解決するために迅速に移動する必要があることを日本政府に追加のウェイクアップコールであるということです、”とスミス氏はAFPに語った。

“自分の子供が残っているように、他の親が依然として違法に拉致し、両親によって引き留め苦しみの中で別のクリスマスの生活を過ごしている、”スミス、ニュージャージー州の共和党は言った。

スミス、人身売買に対する十年前に画期的な法律の著者は、彼が拉致事件を解決するために米国政府よりツールを与えることを期待法案を来年前進する計画を明らかにした。

それは、ハーグ条約に参加しているかどうかと – – と潜在的に貧しい人々のレコードに対して制裁を課す法律の下、米国は、子どもの拉致に関するすべての国の努力を評価するために必要になります。

“これが何をすると、それ国と国の戦いではなく、ダビデ対ゴリアテようです、”とスミス氏は言う。

擁護派は、大文字と小文字は海外で神隠しされている子どもたちと再会両親の何百ものを助けることができる先例を設定することを願っています。

“我々は最終的にその氷山をクラックするという事実だけではなく日本ではなく、他の国と、世界中のケースを利益のために起こっている、”パトリックブレーデン、セキュリティで保護されたカリーナの復帰を助けた擁護団体地球の未来の頭には、AFPに語った。

海外で撮影された1492米国の子供の返還を求めて、いくつかの1022の両親は2010年に国務省から助けを求めた。– AFP

8年前