共同通信:親権変更取り下げを検討 長女「連れ去り」の審判

親権変更取り下げを検討 長女「連れ去り」の審判

米国在住の元夫(39)に無断で米国から長女(9)を連れ去ったとして親権妨害罪などに問われた兵庫県宝塚市の日本人女性(43)の代理人は24日、米国での司法取引成立を受け、親権変更を求め大阪高裁で係争中の家事審判について、即時抗告の取り下げを検討していることを明らかにした。

家事審判では神戸家裁伊丹支部が3月、長女の親権を元夫から女性に変更する一方、元夫と長女が米国で面会できることも認め、双方が即時抗告。しかし女性は4月に米国で逮捕、訴追され、22日の米ウィスコンシン州の裁判で、長女を元夫側に戻す代わりに重い刑を科さないとする司法取引が成立した。

2011/11/24 19:55   【共同通信】

8年前