日弁連:7月8日~アジアと日本の家族法 ローエイシアソウル大会に向けて~野田愛子 メモリアルシンポジウム

故野田愛子弁護士(元札幌高裁長官)は、女性として初めて高裁長官を務められ、裁判官として、また退官後は弁護士として、家事事件の実務と理論の発展のために尽くされました。のみならず、家族法、女性、そしてアジアの法曹との交流の取組を課題として、ローエイシア及び日本におけるローエイシアの活動に多大の貢献をされ、そのご業績は、裁判所、弁護士会、学会を含む広く法曹界全体から高く評価されており、そのご活躍は、アジアをはじめ国際的にも広く知られています。

ここに、故野田愛子弁護士の業績を偲ぶとともに、日本法曹とアジア法曹との一層の交流と発展に寄与するため、メモリアルシンポジウムを開催致します。また本年10月には、韓国ソウルでローエイシア年次大会が開催されますので、このシンポジウムの開催がソウル大会への日本法曹の一層の参加をもたらすものになればと期待しています。

日時 2011年7月8日(金)10:00~18:00(9:30開場)
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」 (会場地図)
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費等 参加費:8,000円(どなたでもご参加いただけます)
(注1)司法修習59期以上の弁護士は参加費3,000円となります。
(注2)参加費には昼食代及びコーヒーブレイク代が含まれます。
(注3)参加費は当日会場内受付にてお支払いください。
(注4)本参加費にはカクテルパーティー参加費は含まれておりません。
申込方法 添付のチラシの所定欄に必要事項を記入のうえ、下記宛にお申し込み下さい。(FAX:03-3580-9840)
チラシ・参加申込書 http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/data/110708.pdf(PDF形式・855kB)
プログラム
(予定)
(同時通訳付)
■開会式
■メモリアルスピーチ
┠安倍嘉人(前東京高等裁判所長官)
┠小杉丈夫(元ローエイシア会長)
■基調講演「アジア太平洋地域における家族法の現在と将来」
講演者:Diana BRYANT(オーストラリア家庭裁判所長官)
■昼食
■セッション1
「家族問題の解決における家庭裁判所や専門家・支援機関の役割」
パネリスト:Diana BRYANT(オーストラリア家庭裁判所長官)
山口恵美子(元家庭裁判所調査官・家庭問題情報センター(FPIC)常務理事)
高取真理子(東京家庭裁判所判事)
■コーヒーブレイク
■セッション2
「国境を越える子の監護紛争とハーグ条約」
パネリスト:Malati DAST(弁護士、シンガポール)
外務省(予定)
磯谷文明T(弁護士、日弁連ハーグ条約に関するワーキンググループ委員)
■閉会式
◆カクテルパーティー(別途参加費2000円)
主催 ローエイシア 日本ローエイシア友好協会 日本法律家協会
日本弁護士連合会
問合せ先 日本弁護士連合会 国際課
TEL:03-3580-9741 FAX:03-3580-9840

6年前