[映像]馳浩議員:親権と面会交流について、衆院法務委員会、民法等改正案審議4月19日

§1 親権とは子のために行使するもの

§2 親子の接触を継続する事が望ましい

§3 面会交流の権利性を明文化すべきでないか?

§4 監護親が反対すると面会交流は実現しない?

§5 家庭裁判所は、困難があろうが、可能な限り、親子の面会交流ができるように努める、これがこの法律の意図するところである。

§6 引き離し・連れ去りも児童虐待にあたりうると厚労省答弁

§7 面会交流の支援機関について

§8 子ども代理人制度について

§9 親子交流断絶の影響の調査

10年前