福原愛、緊急声明で “子供連れ去り” に猛反論…ネットでは「子供がかわいそう」の声

https://news.yahoo.co.jp/articles/f13bdf2d36c01ae64cfa26625a87fb442273588f

7/26(火) 15:41配信

SmartFLASH

Copyright (C) 2022 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

 卓球の元五輪メダリストである福原愛が、子供を連れたまま連絡が取れなくなったとされる問題で、7月25日に緊急声明を発表。元夫で台湾の卓球選手・江宏傑に反論した。

【写真多数あり】本誌が目撃した福原愛。恋人男性も隣に

 7月24日、江が自身のInstagramで、福原が子供を連れたまま連絡が取れなくなったと批判し、現地で大騒動に。これを受け、25日、福原は次のような声明を発表したと台湾メディアなどが報じている。

《台湾の裁判所で離婚調停をおこなった結果、共同親権という形になり、会う時間も決めましたが、順調にいかず何度も失敗しました。そのため、7月8日、台湾の裁判所に江さんに履行勧告を出してもらい、その後、双方の弁護士が協議を重ねました。

 江さんは7月23日に家族(子供)を引き渡してくれましたが、(その際に)さまざまな妨害があったため警察に通報しました。その日の夜になってようやく家族を連れ出しましたが、もう一人は連れ出せませんでした》

 江が主張した「連絡が取れなくなった」という点については、こう反論した。

《江さんは私が家族を日本に連れていくことをちゃんとわかっていましたし、彼のマネジメント会社も、私が家族を日本に連れていくことに江さんは異論はないと言っていました。そして、これは私の(親としての)権利でもあります》

《(台湾の家を出たのが)夜になり、家族も私もとても疲れていました。飛行機に乗って日本に戻り、その後、すぐに無事を報告しました。

 しかし、江さんはメディアに『連絡がつかない』と言い、家庭内のことを再びメディアに持ち出しました。メディアやネットユーザーに私を批判させただけでなく、台湾の児童保護規定にも違反するもので、この点は台湾の社会局がよりはっきりと認識していると思います》

 そして、家族と予定どおりに会えなかったことについて、法的措置をとる考えも示した。

「2016年に結婚した福原さんは、2017年に第一子となる長女を、2019年に第二子となる長男を出産しています。しかし、福原さんは、2021年初頭に日本へ帰国し、既婚男性との不倫騒動もあり、2021年7月に離婚にいたりました。

 離婚の際は、福原さんの不倫疑惑に加え、江さんのモラハラが報じられるなど、かなり泥沼の様相を呈していました。

 福原さんにとって、お子さんたちとの直接対面は1年半ぶり。江さんは、以前から福原さんが夏に台湾を訪れる予定だと明言しており、感動の再会となるはずが、思わぬ波乱の展開となってしまいました」(芸能記者)

 2人の騒動は周辺にも波及している。福原の現役時代、専属コーチを務めていた張莉梓氏は7月24日に微博を更新し、《1年半も子供たちに会えなかった母親の気持ちを、誰が理解できるでしょうか。どれほどの苦しみ、涙を飲み込んでいることか》と福原を擁護。

 続けて、《江さんはよい父親イメージを作り上げるため、いろいろとニュースを出し続けてきましたが、実際のところは、母親(福原)が子供を家に連れ帰るのを止めていました。母親が台湾に到着しても幼い息子しか連れ戻せず、娘を連れていくことは拒否しました。子供が母親と一緒にいれば安全なのは言うまでもないのに、わざわざ失踪という誤った情報を出した》などとつづっている。

 一方、台湾メディア「鏡週刊」は、江の友人の話として、「家族(子供)は2人とも母親(福原)と一緒に日本に行くことを選択できたが、最終的に1人は台湾を離れたくなかった。この1年半、江は家族に福原さんとビデオ通話させ、コミュニケーションを邪魔することはなかった。しかし、福原さんは家族を連れていった後、江とビデオ通話させず、状況を確認させなかった。このことに江は激怒していた」と報じている。

 現地メディア、さらに友人たちを巻き込んだ2人のトラブルに、ネット上では子供たちを心配する声があがった。

《これまでの行動から子供のことを考えての行動とは残念ながら思えない。親に振り回されることになった子供が可哀想だと思う》

《子ども2人がバラバラになってしまうのが不憫でならない。夫婦の事は当事者じゃないと分からないのでどちらが引き取るにせよ子どもの幸せを第一に考えてあげて欲しい》

《姉弟が引き離されることが辛いな。内情がよく分からないし、他人だから、口出す立場ではないけれど、自分の気持ちよりも子供達の気持ちを尊重してあげて欲しい》

 まだ幼い2人の姉弟が、安心して暮らせる道を探ってほしいものだ。

2か月前