メルマガ共同親権128「日本の最大のタブーにキリスト教界は背を向けるのか?」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   メルマガ共同親権128(通516)
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「パパかママか」から「パパもママも」へ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 共同親権と親子引き離しについての情報を発信します。2022.2.16
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス

1 明日口頭弁論、14:00~@東京地裁前806号法廷
2 日本の最大のタブーにキリスト教界は背を向けるのか?
3 北村弁護士による実子誘拐の解説動画
4 法曹倫理委員会の記事に関する小島浩一法律事務所からの連絡について
5 手づくり法制審、子どもの意見表明権について
6 インフォメーション

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

週刊金曜日を「買ってはいけない」
→http://kyodosinken.com/2018/10/04/hubaikinyobi/

口頭弁論 2022年2月17日(木)14時~806号法廷

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫1 明日口頭弁論、14:00~@東京地裁前806号法廷
┗┛┻───────────────────────────―

傍聴席を埋めてください! 来てね~

12:30~13:30 街頭宣伝 @東京地裁前 ◆ オープンマイクです
14:00~    第7回口頭弁論 @東京地裁806号法廷

前回に引き続き原告側タームです。

★ 2・17共同親権 ★ 間違いないっ!

院内集会 「民法改正 間違いないっ!」

■日時 2月17日(木)15:30~18:00
■場所 第二議員会館第一会議室(行き方裏面)
■内容 
・口頭弁論報告
・講演 大森 貴弘さん(常葉大学准教授、憲法学)「単独親権 どうしてイケン」
・発言  長井秀和さん(芸人)、小林政秀さん(弁護士)、中学生共同親権意見発表動画ほか
◆予約不要 議員会館入口で係から通行証を受け取り下さい

主催 共同親権運動・国家賠償請求訴訟を進める会
TEL 0265-39-2116 メール kkokubai_contact@k-kokubai.jp
*新型コロナウィルスの影響で中止や変更される場合があります。当会のサイト及びSNS等でお知らせします。
★ 当日スケジュール ★

<共同親権訴訟第7回口頭弁論>14:00~ @東京地裁806号法廷   傍聴よろしく!

12:00~ 東京家庭裁判所へ運用改善の申し入れ  ◆ 11:50東京家裁前集合
12:30~13:30 街頭宣伝 @東京地裁前 ◆ いっしょにチラシ配ってね
14:00~     第7回口頭弁論 @東京地裁806号法廷 *原告側が陳述します
15:30~18:00 院内集会「民法改正 間違いないっ!」  ◆どなたでも参加できます

●講師プロフィール
大森 貴弘 さん

常葉大学教育学部准教授。憲法学。ドイツとの比較で権力分立を研究。人権の分野にも意欲的に取り組み、親の権利についての研究を重ねる。ドイツの基本法(憲法)で明文で定められた親の権利について、日本で判例の傾向から、憲法上の権利として導き出されるとし、単独親権制度の違憲性を解き明かす。論文に「ドイツにおける離婚後共同親権法制化への歩み――本邦における立法化への提言」、翻訳に「ドイツ連邦憲法裁判所の離婚後単独親権違憲判決」、Webコラムに「親子をつなぐ“憲法上の親の権利”」。

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫2 日本の最大のタブーにキリスト教界は背を向けるのか?
┗┛┻───────────────────────────―

宗教家たちも声を上げ始めました。

■我孫子バプテスト教会2022.02.15 2022.02.14
日本の最大のタブーにキリスト教界は背を向けるのか?親子の断絶
http://abikobc.com/2022/02/14/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%9c%80%e5%a4%a7%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%bc/

わたしは、牧師としての後半生、ライフワークとして、離婚と、親子断絶の問題について取り組んでいきたいと思っています。

日本の結婚式は50%以上がキリスト教式で行われます。そうであるからば、結婚式を挙げっぱなしではなくて、その後始末について我関せずという態度ではいけないと思っています。そうです。結婚した人の三分の一は離婚するのです。この問題について日本のキリスト教界の関心があまりにも低すぎるのです。(略)

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫3 北村弁護士による実子誘拐の解説動画
┗┛┻───────────────────────────―

弁護士業界からの内部告発もはじまりました。
明日の院内集会でも小林政秀弁護士から発言があります。

■弁護士北村晴男ちゃんねる

「実子誘拐」NHKで放送禁止のある事について

第189回「弁護士による あるビジネスの闇」

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫4 法曹倫理委員会の記事に関する小島浩一法律事務所からの連絡について
┗┛┻───────────────────────────―

小島浩一法律事務所から、2月1日付で当会宛に、当会のサイトで掲載した記事について、権利侵害と指摘する部分について連絡がありました。https://k-kokubai.jp/2022/01/28/kojimategami/

当会が掲載した記事については、法曹倫理委員会の記事を転載したものです。当会としては、木下貴子氏、小島浩一氏について記載した法曹倫理委員会の記事も訂正がなされている部分もあることから、小島氏が指摘した記事について削除いたしました(他の記事の中の引用については引用部分を削除しました)。
一方で、小島氏の手紙は、木下、小島氏と法曹倫理委員会の係争状態を公開することを取りやめるようにという記載もありました。
法曹倫理委員会が記事とした内容は、木下氏が面会交流の規制を目的とするマニュアルを販売しているというものです。現時点でもこのマニュアルは販売されております。
https://tajimi-law.com/product/menkai-koryu-seigen.html

今日、親子の引き離し行為自体が倫理的に許されないことは、世論の高まりとともに周知されつつあり、そういった指摘を知りつつ、引き離し行為を助長しかねない営業行為の余地もまた時を経るごとになくなりつつあります。そういった観点から、木下、小島氏と法曹倫理委員会の係争を伝えることは公益に資しますので、係争状態を公開しないようにという要請自体が不当です。
特に、木下、小島氏は弁護士であり、小島氏は弁護士会の会長という要職にある公人ですし、弁護士という業務の中でなされた行為について厳しい倫理が課されるのは当然です。その点を無視した要請は言論の抑圧ともなり、多様な意見の尊重による民主的な議論の基盤を破壊しかねません。そういった観点から書面を公開するものです。

(こちらから)https://k-kokubai.jp/2022/02/15/kojimategami2/

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫5 手づくり法制審、子どもの意見表明権について
┗┛┻───────────────────────────―

福田雅章さんの子どもの意見表明権についての解説は必見!

第7回、めざせ!共同親権 手作り民法・法制審議会 2022年2月12日

国の法制審の議論が出しっぱなしで終わるのは、誰が子どもをみるのかの前提が共有されていないから。子どもの意見表明権は子どもが自由に欲求を表明できる環境を維持する大人の義務が本質。単独親権制度ではそれは無理。

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫6 インフォメーション
┗┛┻───────────────────────────―

■リーフレット「知っていますか?共同親権」無料配布
必要な部数(10部以上)だけお送りします(無料)。
リーフは以下から
https://k-kokubai.jp/wp-content/uploads/2021/09/%E5%85%B1%E5%90%8C%E8%A6%AA%E6%A8%A9%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7_%E9%85%8D%E5%B8%83%E7%94%A8.pdf
申し込み・問い合わせは会まで(無料)kkokubai_contact@k-kokubai.jp

◇宗像充新刊『共同親権』発売中

明日の院内集会で入手できます。

【現在の登録者数1,403】2022年 民法改正、間違いない!
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
共同親権について発言するのは右翼ばかりなのは左翼が発言すると
刺されるから……やっぱり暗殺指令が出てたのか。(宗像)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

6か月前