Aシュワルツェネッガー夫妻、破局10年で正式離婚 財産半々で最終合意

https://news.yahoo.co.jp/articles/853da2af06010b83070fcda59adfc69c409cfdf5

12/30(木) 8:42配信

日刊スポーツ

アーノルド・シュワルツェネッガー(2015年7月6日撮影)

米俳優アーノルド・シュワルツェネッガー(74)とマリア・シュライバーさん(66)夫妻が28日、破局から10年半の時を経てようやく正式に離婚したことが明らかになった。

【写真】歌舞伎町をバックに写真に納まるアーノルド・シュワルツェネッガー

米芸能情報サイトTMZが報じたもので、米ロサンゼルス郡上級裁判所が両者の離婚をこの日承認したという。シュワルツェネッガーの弁護士からは正式なコメントは出されていない。

2人は1986年に結婚して4人の子どもを授かったが、カリフォルニア州知事も務めたシュワルツェネッガーが元家政婦との間に隠し子をもうけていたことが発覚し、2011年にシュライバーさんが離婚を申請。25年の結婚生活に終止符を打った。

2人は婚前契約を交わしていなかったが、離婚申請当時未成年だった2人の子どもの親権は共同で持ち、4億ドルとされる資産は半分に分割することで合意していたという。

離婚協議が長期化した背景には不動産に関する分与交渉に時間を要したことが挙げられているが、TMZによると財産はほぼ半分ずつに分けることで最終合意に達したという。

シュワルツェネッガーとシュライバーさんは破局後も良好な関係を続けており、4人の子どもたちも含めてたびたび一緒に過ごす様子が目撃されていた。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

5か月前