法制審提出資料〈「共同」から安全へ〉反論レポート

民法の親権制度について話し合う、法制審議会家族法制部会第7回会議(令和3年9月21日開催)で原田直子委員(福岡弁護士会)が提出した、
・「エビデンスは「共同」から安全へ,養育法制の目標の転換を支持している~英国司法省報告に関する文献レビューから~」戸籍第999号〔抜粋〕
・英国司法省報告に関する文献レビュー(日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会仮訳) 

これらに対する反論となるレポートが2021年8月18日に英国政府へ提出されています。

「2021年家庭内暴力防止法の一部である片親疎外に関する説明書」

“BRIEF ON THE PARENTAL ALIENATION AS PART OF THE DOMESTIC ABUSE ACT 2021”

説明の制作者:国際機関の大規模なネットワークを代表する専門家のコンソーシアム

この反論は片親阻害が児童虐待であることを 英国家庭内暴力法草案に対して背景に概説されています。

翻訳は以下です。
20211213 UK Guidance Brief 2021 jp en
(2021.12.26)

6か月前