懲戒3回の有名弁護士、さいたま市が講演「モラルハラスメントする夫から被害…離婚相談受ける弁護士が講演 DV防止セミナー、オンラインで開催」

漫画「モラ夫バスターな日々」の大貫憲介弁護士を埼玉市が招いて講演会を開催する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa6e07171321860e887d94d880a5ebdee38d332a

大貫弁護士は3度の懲戒で有名な弁護士。
http://shyster.sakura.ne.jp/database.cgi?keys1=%91%E5%8A%D1%8C%9B%89%EE&keys2=&keys3=&keys4=&keys5=&or6=&submit.x=120&submit.y=26

懲戒理由を見ると
「預かり金を自らの報酬と勝手にした」「在留資格申請で不正な裁判」「代理人を無視し相手方とツイッタで交渉」と、自分と他人の区別がつかなかったようですが、そういう人が男性を罵倒してネタにしているだけです。

モラルハラスメントする夫から被害…離婚相談受ける弁護士が講演 DV防止セミナー、オンラインで開催
埼玉新聞
9/25(土) 10:44配信

埼玉新聞

 埼玉県のさいたま市男女共同参画推進センターは11月1~30日、大貫憲介弁護士(第二東京弁護士会)を講師に招き、DV防止セミナー「モラ夫バスター・現場からの報告」をオンラインで開催する。

 大貫弁護士は、モラルハラスメントの夫を「モラ夫」と定義し、被害を受けている妻らの離婚相談などを受け、短文投稿サイト「ツイッター」で、「モラ夫バスターな日々」を投稿している。暴力の現状、被害者の生きづらさ、子どもへの影響、被害者の救済と防止への取り組み内容などを講演する。

 内閣府の「女性に対する暴力をなくす運動」(11月12~25日)に合わせて開催。同センターは毎年、同時期に講演会を実施しているが、男性専門家の講演は初めてという。女性への暴力の根底には家父長制や性差別が要因として挙げられ、相手を支配するために暴力が振るわれるという視点の内容も含まれる。

 動画投稿サイト「YouTube」で配信、無料。10月5~11月19日に、市ホームページの申し込みフォームから申し込む。

 問い合わせは、同センター(電話048・642・8107)へ。

2か月前