応援しています! 子育て改革のための共同親権プロジェクト

共同親権訴訟は「子育て改革のための共同親権プロジェクト」を応援しています。

呼びかけ文

「子育て改革のための共同親権プロジェクト」がスタートしました。
サイトはこちら!
≪プロジェクトからの呼びかけ!≫
2021年に民法「単独親権制度」の廃止を強く求めるため、本プロジェクト(単独親権制度の被害者家族会)を開始します。
毎日400人の子どもたちが、片親と生き別れるという非人道的な問題を、今日も単独親権制度が作り出しています。子どもたちは日々成長しており、当事者は一日たりとも待つことが出来ません。
約35年前の男女雇用機会均等法から続く女性活躍推進の流れの中で、女性も男性も社会に出て働くことが求められています。また、近年の働き方改革の流れでは、男性も女性も家庭で子育て・家事をすることを求められるようになっています。
しなしながら、日本は現代においても「男性は仕事、女性は家庭」から抜け出せておらず、先進国では異例の男女格差が大きい国です。
この根本原因は、家庭内の性別役割分担を決める、民法819条の「単独親権制度」を残存させているからで、男女平等を図る各種政策と矛盾しています。
更に「単独親権制度」の弊害は大きく、2020年7月にEU議会にて決議を受けた日本国内の実子誘拐(子の連れ去り)・親子分断や、母子家庭の貧困、養育費の目的外流用ビジネスなど、数々の社会問題に繋がっているのが現状です。
私たちはみんなで声をあげ、男女平等に子育てできる社会を目指します。

【私たちが求めていること】2021年までに民法の単独親権制度を廃止

 

●●●ご賛同を求めています●●●
以下のページから賛同を求めています。ご賛同いただける方はぜひお名前をよろしくお願いします。
4週間前