アンジーの柔らかい微笑みを捉えた!三男ノックスがフォトグラファーデビュー

アンジー家の三男が撮影した写真を雑誌アカウントが掲載

規制緩和によって新型コロナウイルスの感染が拡大傾向にあるロサンゼルスで、6人の子どもたちと自主隔離生活を行っているアンジェリーナ・ジョリーが、「Harper’s Bazaar UK」のインタビューに応じた。 【写真を見る】はやくも才能アリ!? ノックスのカメラに愛おしそうな目線を向けるアンジー アンジェリーナはインタビューで、パンデミック下での他の親と同じように、6人の子どもたち、マドックス(18)、パックス(16)、ザハラ(15)、シャイロ(14)、双子のヴィヴィアンとノックス(11)に不安を与えないように、自らが穏やかでいることを心がけて子どもたちのために全精力を注いでいること、コロナ禍が世界にもたらす影響や、現在世界中で起こっている、容認できない人種差別の問題などについて語っている。 なかでも注目すべきは、同誌のウェブサイトや公式Instagramに掲載されている、自宅の建物の前に佇むアンジェリーナと、バストアップのポートレートの2枚の写真。「とても穏やかそう」「優しい微笑みが素敵」といったコメントが寄せられているが、よく見てみると、撮影者はなんと三男のノックス・ジョリー=ピット。プロを目指しているのかは定かでないが、長男でも次男でもなく三男のノックスが撮影したことを考えると、写真が好きなことは間違いなさそうだ。 アンジェリーナが2016年にブラッド・ピットに離婚を申請した際には、単独親権を要求するアンジェリーナと、共同親権を要求するブラッドとの間で泥沼離婚の様相を呈していた。しかし、コロナ禍の影響もあってか、現在は、車で5分の距離に住むブラッドと共同で子どもたちを育てており、関係も円満だとか。写真の優しい微笑みは、現在のアンジェリーナの穏やかな心を捉えた、愛する息子を見つめる眼差しだったようだ。 NY在住/JUNKO

3か月前