ブラッドリー・クーパー、娘とおそろの「ピンク色」のヘッドバンドを着用してお散歩

日本のシングルペアレントは片親ですが、アメリカでは両親です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5afab2b7e910d321c6a552910a7acf994d0c49d

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ブラッドリー・クーパー。

本物の男はピンクのものを身に着ける。ブラッドリー・クーパーもその一人だ。 今週火曜、ニューヨークでブラッドリーが3歳の娘レアと散歩しているところをキャッチされた。写真のブラッドリーは、クルーネックの白いTシャツにダークウォッシュのデニム、ブラウンのスウェードのオックスフォードシューズ、アビエイターサングラスとオーソドックスなスタイルだったが、アクセサリーには意外なものをチョイス。頭を見ると、娘のベビーピンクのヘッドバンドで髪を後ろにかきあげ留めていたのだ。娘は明るいピンクの服を着ていたため、リンクコーデで散歩していたように見える。 【写真】セレブ親子の双子コーディネート30

娘と散歩するブラッドリー。

ニューヨーク市はパンデミック渦で今も警戒が必要なことから、彼らはともにマスクを着用。ブラッドリーはモデルで元カノのイリーナ・シェイクと娘の共同親権を持っている。娘の子育てを共同でできるように、2人ともニューヨーク在住だ。 『E! News』によると、ブラッドリーとイリーナは強い絆を保ったまま、子育てとプラトニックな関係のバランスをとっているという。 「彼らは、シングルペアレントとして、そして両親として、一緒に娘の子育てをこなしている。娘のためにいいシステムを築いていて、交代で子育てしている。コミュニケーションをよく取っていて、いい友人同士だよ」と、情報源が『E! News』にコメントしていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

1週間前