メルマガ共同親権44「我が子に会えなくて緊急事態宣言! 会えない親たちの悲鳴」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   メルマガ共同親権44(通482)
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「パパかママか」から「パパもママも」へ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
共同親権と親子引き離しについての情報を発信します。2020.5.12
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス
1 会いたい親子のホットライン19日(火)
2 法務省はきちんと声を受け止めて! 絶賛署名集め中
3 我が子に会えなくて緊急事態宣言です! 会えない親たちの悲鳴
4 コロナ引き離し報道
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

週刊金曜日を「買ってはいけない」
→http://kyodosinken.com/2018/10/04/hubaikinyobi/
5月の会いたい親子のホットラインは19(火)19:00~20:30

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫1 会いたい親子のホットライン19日(火)
┗┛┻───────────────────────────―

新型コロナのもとでの引き離しについても
ホットラインを継続しています。

子どもと引き離された方、(元)パートナーとの関係に悩んでいる方、弁護士や裁判所にどう対応していいかわからない方、ご利用ください。

日時 5月19日19:00~20:30
(毎月 第1、第3火曜日)

? 0265-39-2116 *秘密は守ります

お急ぎの方やゆっくり時間をとってご相談したい方、「おおしか家族相談」で随時相談を受け付けています。

こちらから おおしか家族相談 https://munakatami.com/category/family/

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫2 法務省はきちんと声を受け止めて! 絶賛署名集め中
┗┛┻───────────────────────────―

現在の署名数は134筆です。署名はこちらから

http://chng.it/T79yXhzL

もっともっと賛同の声を大きくして法務省に届けましょう!
法務省の面会交流指針は両親による子育てに逆行します。子育てのオンライン化が許され、日本の子育てのあり方が変えられてしまいます。別居親だけの問題じゃないよ。

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫3 我が子に会えなくて緊急事態宣言です! 会えない親たちの悲鳴
┗┛┻───────────────────────────―

アンケート結果の詳細を以下にまとめました。

コロナによる家裁審理中止影響調査 緊急アンケート調査結果

もっともっと賛同の声を大きくして法務省に届けましょう。署名はこちら

http://chng.it/T79yXhzL

===== ===== ===== =====

アンケートに寄せられた親たちの声です。

・相手方は意図的に先送りしているだけなので、コロナを悪用すべきではない。

・面会交流が中止になっていることが、問題ないという裁判官の発言が問題。

・ただでさえ遅々として進まず、もう1年も子に会えていない状況が、更に相手方(母)に子を会わせない口実としてコロナを用いられ長引かされるのは看過なりません。コロナでも、親子が顔をあわえるのは当然でしょう。相手方が日々四六時中、子と顔をあわせているのが認められ、平等に親権を有している父が顔も見れないのは、愚の骨頂としか言わざるを得ない。

・面会交流をコロナウィルスのせいにされ、実施されてないのは困る。

・子供との面会交流の約束がはっきりしない。

・コロナを理由にあわさなくまたされそうです。

・妻が娘を連れ去っています、そして、我が子の現状を一切話してもくれません。婚姻費用の振込、児童手当の振込、我が子への贈り物の送付、我が母親からの贈り物の送付、一切お礼も無し。我が子の安否さえ触れません。ただ、別れてくださいとだけ。別れたくない私はどこにも怒りをぶつけることも愚痴も言えません。本気で自殺しそうになります。我が子を想うと踏みとどまります。その繰り返しです。調停員の先生方の意見が頼りなのです。
ですから、命がかかっています。一日でも辛い想いをしています。地獄です。

・子供と会えなくなり、悲しい。

・コロナ禍に不安を抱える子ども達にとっても、別居親との毎週のような交流は不可欠であることを家裁・法務省・厚労省が同居親に強く要請すべき。

・子供たちの休校以外に心配はありません。事有る事に、子供たちを盾にとって交渉されて来ましたが、大人同士と親子関係は別問題でしょう。会えていない、近況が全くわからない子供たちのストレスだけが心配で仕方ないです。

・コロナを理由に面会交流を停止されている。

・こういう時期だからこそ、セイフティネットとしても、子どもには両方の親からの庇護を受ける権利があると強く思います。

・我が子に会えなくて緊急事態宣言です!

・2019年●月に子どもを突然夫に連れ去られました。以来、私がかいた子ども宛のメールも、手紙も、夫に妨害されて、子供に渡っておらず、子どもに直接連絡がとれません。
勿論、面会も夫に妨害されて実現できずに、今に至っています。
コロナを口実に家裁が期日中止にされてしまっている間に、子どもは刻々と成長し、変化します。
夫が、別居親である私を、こき下ろす期間が長くなることで、子どもへの洗脳の度合いも強化してしまいます。子どもにとっての1ヶ月、3ヶ月は、成人における時間とは全く比べ物にならないほど、時間の意味に差があることをぜひ考慮していただき、家裁を即座に再開していただきたいです。

署名はこちらから http://chng.it/T79yXhzL

┏┏┳────────────────────────────
┣☆┫4 コロナ引き離し報道
┗┛┻───────────────────────────―

■日本経済新聞 電子版2020/5/11 16:28 (2020/5/12 0:51更新)
別居親子の面会、コロナで「途絶」 家裁審理も進まず https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58938370R10C20A5CR8000/

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、別居する親が子供と接する「面会交流」が途絶えるケースが増えている。子への感染を恐れ一方の親が面会を拒む場合が多い。家裁の調停期日が感染対策で取り消され、両親間の協議が進まないことも一因となっている。専門家は、オンラインによる面会など、柔軟な対応を可能とするルール整備の必要性を指摘している。

「面会はさせられない。子供を危険な目に遭わせることはできない」

■朝日新聞2020.5.13
コロナ理由 息子との面会を断られ提訴 熊本の男性

面会交流不履行についての新聞記事

===== ===== ===== =====
『改定版・子どもに会いたい親のためのハンドブック』発売中

【現在の登録者数1,302】実子誘拐、親子引き離しの違法化を

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
長野では、県外ナンバーの車に傷を入れられたりすると聞く。
子どもに会いに行く命の危険はコロナにかかるよりも大きいかも。(宗像)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

3週間前