Coronavirus: Children can visit separated parents during restrictions

日本ではコロナウイルスが原因で別居親と会えない子どもが出てきているようです。
弁護士ドットコムでも面会交流を中止して良いかというQ&Aが紹介されていました。
一方、イギリスでは政府が「親の間を行き来できる」と明確にアナウンスしているようです。
ついては、見習うべき海外の姿勢として、下記に本件を報じたBBCニュースのアドレスを記載、また、自動翻訳したワード文書を添付しました。(投稿者より)
  • 25 March 2020

Related Topics

Image copyright Getty Images

Children of parents who are separated are able to move between households during the coronavirus restrictions, minister Michael Gove has said.

Some parents were worried they would not be able to see their children if they do not live with them full-time.

He initially suggested children should not be travelling between different houses during the restrictions.

But he later back-tracked and apologised for being unclear, saying it “may be necessary” for some to move.

Boris Johnson announced on Monday that the government was bringing in strict new measures to tackle the spread of the coronavirus.

He said people should leave home for only a few clear reasons – exercise once a day; absolutely necessary travel to and from work; essential shopping; and medical or care needs.

That left some parents, whose children split their time between households, with questions, and further confused when Mr Gove told Good Morning Britain that children should not be moved.

The government guidance says: “Where parents do not live in the same household, children under 18 can be moved between their parents’ homes.”

Jude Clay, 37, who runs single parenting blog Gluing Cheese, has a four-year-old son with her former partner.

He splits his time equally between both parents and was with his dad when Boris Johnson addressed the nation.

Image copyright Jude Clay
Image caption Jude’s son splits his time equally between her house and her ex-partner’s house

“When the announcement came last night I had the second panic attack I’ve had in my life,” she told BBC News.

“We would follow the advice but the thought of not seeing my little boy for three weeks, I couldn’t bear thinking about.

“It’s been a really scary time not knowing what’s going to happen. So I’m grateful it’s come up quite early on. To wake up to the news that this has been addressed and we’ve not been forgotten is a huge relief.

“I completely understand people have to be careful but I would class this as a necessary journey.

“For him to not have the ability to spend time with his parents would be one step too far and detrimental to his wellbeing.”

It was a similar situation for dad Andrew Greenhalgh. He is divorced from his daughter’s mum – and sees his child on his days off from work.

“My daughter’s mother was with her when they heard about the three-week announcement. When she did, her eyes apparently welled up and she asked, ‘Does that mean I won’t get to see my dad?’

“I called my ex-wife and we were both unsure but I told her I would still see her. I then rang the local police and asked what the policy was for this kind of situation and explained mine further.

“The police got back fairly quickly and said that as long as we were sensible it would be fine to see my daughter still.

“I wash my hands constantly anyway but have stepped that up since the virus.

“I’m just happy it’s all been cleared up.”

Image copyright Getty Images
Image caption Some parents think there are still unanswered questions

But some parents feel that the government’s guidance doesn’t address all of the scenarios separated families face at this time.

Sam – not her real name – lives with her four-year-old son, who usually spends a couple of days a week with his dad.

“It’s leading to more questions than answers among many of the separated parents I know,” she says.

“I’d already decided to cease physical contact with my child’s father last week because of my medical background.

“I sought advice from various professionals to support my decision before giving his father a very clear message that I didn’t think it was safe for him to continue to travel between our two homes, which he accepted.

“I explained he could have video contact whenever he wanted and that we’d keep in touch and re-examine things in the light of any new government advice.

“It will be hard for them, I understand that. It will also be hard for me because I still have to work, and my child won’t be going to nursery either.

“But it’s not about access and time spent with each parent, or who’s missing out, it’s about life and death.”

Gingerbread, a charity which supports single parent families, has had queries about the government’s rules.

CEO Victoria Benson said the government advice was clearer but there was still some confusion and concern about whether either parent can insist on, or refuse to allow, movement.

“We advise that parents should carefully consider the implications of children travelling between households and the welfare of the child (including the child’s health needs) must be the most important consideration,” she said.

“The health of other household members may also need to be taken into account. Wherever possible, parents should work together to ensure that a solution can be found. We would welcome further guidance on this from the government.”

In many cases, children with separated parents are the subjects of court orders, setting out how much time they should spend with each parent, often specifying a schedule of contact visits for “non-resident” parents.

Guidance from Sir Andrew Macfarlane, president of the Family Division of the High Court, later clarified that, while children could be moved between parents’ homes, it did not mean all children must keep travelling for contact visits.

It says: “Even if some parents think it is safe for contact to take place, it might be entirely reasonable for the other parent to be genuinely worried about this.”

If one parent is worried that moving their child would be going against public health advice, they may “exercise their parental responsibility and vary the arrangement to one that they consider to be safe”, even if the other parent does not agree, the guidance says.

Where this is the case, family courts will expect parents to facilitate contact by video chat or phone, it adds.

 

コロナウイルス:子供たちは制限中に別離した両親を訪問することができます

www.bbc.com

 

別居している親の子供たちは、コロナウイルスの制限の間に世帯間を移動することができると、マイケル・ゴーブ大臣が言いました。

一部の親は、フルタイムで一緒に住まなければ子供に会えないのではないかと心配していました。

彼は当初、制限の間に子供たちが異なる家の間を移動すべきではないと提案しました。

しかし、彼は後にバックトラックし、一部の人が動くために「必要かもしれない」と言って、不明確であることを謝罪しました。

ボリス・ジョンソンは月曜日、政府がコロナウイルスの拡散に取り組むための厳格な新しい措置を導入すると発表した。

彼は、人々はいくつかの明確な理由のために家を出るべきだと言いました – 1日に一度運動します。仕事との間で絶対に必要な旅行。不可欠な買い物;そして医療または医療ニーズ。

その結果、子供たちが家計間で時間を分けた一部の親は質問を受け、ゴーブ氏がグッドモーニング・ブリテンに子供を動かすべきではないと言ったとき、さらに混乱した。

政府の指導は、「親が同じ世帯に住んでいない場合、18歳未満の子供は両親の家の間を移動することができます」と述べています。

シングル子育てブログ「クルーイングチーズ」を経営するジュード・クレイさん(37)には、元パートナーとの間に4歳の息子がいる。

彼は両親の間で自分の時間を均等に分割し、ボリス・ジョンソンが国民に演説したとき、彼のお父さんと一緒にいました。

 

「昨夜発表されたとき、私は私の人生で2回目のパニック発作を起こしました」と、彼女はBBCニュースに語りました。

「私たちはアドバイスに従うだろうが、私の小さな男の子に3週間会わないという考えは、私は考えることに耐えられなかった」

「何が起こるか分からないのは本当に怖い時期でした。だから、私はそれがかなり早く出てくることに感謝しています。これが取り上げられており、私たちが忘れられていないというニュースに目を覚ますことは大きな救済です」

「私は人々が注意しなければならないことを完全に理解していますが、私はこれを必要な旅として分類します」

「彼が両親と一緒に時間を過ごす能力を持っていないためには、一歩遠すぎて、彼の幸福に有害であろう」

それはお父さんアンドリュー・グリーンハルグにとっても同様の状況でした。彼は娘のお母さんと離婚しています – そして、仕事を休む日に子供に会います。

「3週間の発表を聞いたとき、娘の母は彼女と一緒にいました。彼女がそうしたとき、彼女の目は明らかに元気になり、彼女は「それは私が父に会えないことを意味するのですか」と尋ねました。

「私は前妻に電話しましたが、二人とも確信が持てずでしたが、私はまだ彼女に会うと言いました。その後、私は地元の警察を鳴らし、この種の状況に対する政策は何か尋ね、私のさらに説明しました」

「警察はかなり早く戻ってきて、私たちが賢明である限り、私の娘がまだ見ても大丈夫だと言いました」

「とにかく常に手を洗いますが、ウイルス以来それをステップアップしています」

「すべてがクリアされてうれしい」

しかし、一部の親は、政府の指導は、現時点で分離された家族が直面するすべてのシナリオに対処していないと感じています。

サムは、彼女の本名ではなく、通常、彼のお父さんと週に数日を過ごす彼女の4歳の息子と一緒に住んでいます。

「それは私が知っている離れた両親の多くの間で答えよりも多くの質問につながっています」と彼女は言います。

「私は先週、私の医学的背景のために子供の父親との物理的な接触をやめることに決めました」

「私は、彼が受け入れた私たちの2つの家の間を移動し続けることは安全だとは思わないという非常に明確なメッセージを父親に与える前に、私の決定をサポートするために様々な専門家からのアドバイスを求めました」

 

「彼はいつでもビデオの接触が可能で、新しい政府の助言に照らして連絡を取り合い、再検討すると説明しました。

「それは彼らにとって難しいでしょう、私はそれを理解しています。私はまだ働かなければならないので、私にとっても難しいでしょうし、私の子供も保育園に行くことはありません」

「しかし、それは各親と過ごすアクセスと時間、または誰が逃しているかではなく、生と死についてです。

ひとり親家庭を支援する慈善団体ジンジャーブレッドは、政府の規則について問い合わせてきた。

最高経営責任者(CEO)のビクトリア・ベンソンは、政府の助言はより明確だが、どちらかの親が動きを主張するか、または拒否できるかどうかについて、まだ混乱と懸念があると述べた。

「私たちは、親が世帯間を移動する子供の影響と子供の福祉(子供の健康ニーズを含む)が最も重要な考慮事項でなければならないことを慎重に考慮する必要があることを助言します」と、彼女が言いました。

「他の世帯員の健康も考慮する必要があるかもしれません。可能な限り、親は協力して解決策を見つけられるようにする必要があります。政府からのさらなる指導を歓迎します」

「多くの場合、別れた親を持つ子供は裁判所命令の対象であり、各親と過ごす時間を設定し、多くの場合、「非居住者」の両親の連絡先訪問のスケジュールを指定します」

高等裁判所の家族部門の会長アンドリュー・マクファーレン卿からの指導は、後に、子供たちは両親の家の間を移動することができますが、それはすべての子供が接触訪問のために旅行し続けなければならないという意味ではないことを明らかにしました。

「接触が起こるのが安全だと思う親もいたとしても、他の親が本当に心配するのは完全に合理的かもしれません」と言います。

一方の親が子供を動かすことは公衆衛生上のアドバイスに反することを心配している場合、彼らは「親の責任を行使し、彼らが安全であると考えるものに取り決めを変える」可能性があります。

これが当てはまる場合、家庭裁判所は両親がビデオチャットや電話による接触を容易にすることを期待するだろう、と付け加える。

 

 

4か月前