ブラッドリー・クーパー、愛娘レアを初めて公の場所に

日本では、同居親が子どもの写真を出すと、「がんばってるね」と言い、別居親が子どもの写真を出すと「親の離婚に子どもを巻き込むな」と言います。親の離婚を語れなくさせている社会が子どもと親を苦しめてるんじゃないでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010002-elleonline-ent

10/29(火) 21:20配信

ELLE ONLINE

2017年4月にイリーナ・シェイクとの間に娘のレアが誕生したブラッドリー・クーパー。これまでイリーナもブラッドリーも娘を公の場所に連れてくることはなく、パパラッチのカメラからも極力守ってきた。でもついに一緒にイベントに出席! 現地時間10月27日(日)に開催された、優れたコメディアンに与えられるマーク・トウェイン賞の式典にブラッドリーと共に現れた。パパに抱っこされてステージに登場したレア。目がブラッドリーそっくりのブルーだと話題に。

【写真】イリーナ&ブラッドリーの仲良し家族スナップ7連発

今年6月に破局が明らかになったブラッドリーとイリーナ。対等な共同親権を持ち、一緒に子育てすることで合意している。関係者曰く「2人は協力して、娘が常に両親のどちらかといられるようにしていく予定。レアの人生の重要なイベントには、イリーナとブラッドリーの両方が出席する」。今回の式典出席をきっかけに、レアもセレブキッズとしてさらに注目を集めそう。成長を楽しみにしたい!
(text : Yoko Nagasaka)

2週間前