“最もセクシー”な肉体派俳優、法的に独身に!財産分与や親権は係争中

 2012年『ピープル』誌が選ぶ「最もセクシーな男性」にも選出されたことのある俳優のチャニング・テイタム(39)と元妻ジェナ・ディーワン(38)が法的に婚姻状況を独身にすることで同意した。2018年10月に破局した2人は、財産分与や6歳の娘の親権の面で離婚は完全に成立したわけではないものの、法的に独身と認められ、再婚も可能になる分岐手続きを申請したとザ・ブラストは報じている。

先日ジェナは金銭面や親権についてチャニングと話し合っていたとみられる調停の場から立ち去る姿が目撃されていた。

現在の交際相手であるスティーヴ・カジーとの第1子を妊娠中であるジェナは、昨年10月に和解できない相違を理由にチャニングとの離婚を申請した際、娘の共同親権と養育費などを求めており、当日中に返答を出したチャニングも共同親権を同様に求めていた。

ジェナは現在ジェシー・Jと交際しているチャニングとの結婚が上手くいかなかったことは大ショックだったと以前明かしていた。

「離婚を考えて結婚する人なんていないと思うの」

「でも人は成長し、変わっていく。そして一緒に成長したり変わることができなかったりもする。だから一晩で何か起こったとかではないの。特定の出来事があったわけでもない。求めているものが違うと徐々に気づいたということだと思う」

「とにかくショックだったわ。すごく難しかった。理想の自分の将来と人生を失ったんだもの。これで自分がどう見られるのか?どこから始めればいいのか?って。24歳の時にチャニングに出会って、彼なしの人生なんて考えたこともなかった」(BANG Media International/デイリースポーツ)

4週間前