高橋ジョージ、激白6時間!娘と引き裂かれた「裏切りの離婚劇」の全真相

「パパ、パパダンス。パパ!」

ビデオの中で、そう歌いながら踊る娘の姿を愛おしそうに見つめる高橋ジョージ。普段は強面の高橋も、このときはひとりの父親だ。

【写真】パパとの別れに泣いてグズり…高橋が画像提供で訴える“娘との絆”

かつて芸能界を代表する“おしどり夫婦”と呼ばれたが、’15年に三船美佳との離婚裁判が明らかとなり、一転して“モラハラ夫”のレッテルを貼られた。’16年に協議離婚が成立。18年間に及ぶ夫婦関係に終止符が打たれた。

高橋が、8月16日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、今年3月に5年ぶりに娘と会えたことを明かした。

高橋に取材を申し込んだところ、「真実を書いてくれるなら、全部話しますよ」と快諾。取材に応じた高橋は、ゆっくりと語り始めた。

“反抗期”を受けとめられて嬉しかった

「今年4月に財産分与の調停も合意し、美佳さんとの係争は全部終えました。ただね、協議離婚したときの和解調書には《和解成立後、1年以内をめどに面会交流をできるように努力する》と書かれているのに、まったくなかった」

財産分与の調停で、娘に会わせてくれなければ合意しないと主張したという高橋。

「2度と会えないかもしれないと思っていたのが、やっと会えると決まって、娘が生まれた瞬間と同じくらいうれしかった。ドキドキしながら、大阪へ会いに向かいました」

待ち合わせ場所にやってきた娘は14歳になっていたが、上下ジャージ姿で大人用の長財布を片手にしていた。

「店に入って来るなり“コーラ、自分で払うから”って言う。“あんたを父親だなんて思っていない”と反抗的でした。ただ、美佳さんは娘の反抗期を全部、受け止めた。5年ぶりの俺に2時間でも反抗してくれてうれしかったですよ。双方の弁護士が近くの席にいましたが、自由に話せました」

そもそも“おしどり夫婦”が突然、離婚劇へと発展したのはなぜか。高橋によると、  ’13年7月が始まりだった。

「美佳さんの体調がすごく悪くなったんです。だから心療内科に娘と3人で行きました」

一向に改善しないまま、10月に入ったところで、三船からこんな提案が。

「“大阪で部屋を借りてもいいかな”と。美佳さんは大阪で3本レギュラーを抱えていましたし、俺はそれで楽になるならと承諾しました」

12月には娘が通う学校が冬休みに。そこで三船が「荷物の整理がしたい」と訴えたので、娘を仙台に住む高橋の姉に預けることに。

「12月13日に、姉が東京駅まで迎えに来てくれました。そのとき、俺と美佳さんで大ゲンカをしたんです。娘にはGPS付きの携帯を持たせていたのですが、姉の電話番号を登録していなかったので。仙台で迷子になったらどうするんだと。俺は姉と美佳さんと娘を置いて、携帯ショップに1人で向かいました」

このとき、三船の口からは衝撃的な言葉が発せられた。

「美佳さんが姉に“DVを受けています”と初めて言葉にしたんです。姉は“DVって何? 殴られてるの?”と聞き返すと、“言葉の暴力です。私にも、娘にも”と言ったそうなんです」

その2日後、三船が通う心療内科で医師を含む3人で話し合いが行われた。

「このときに突然、美佳さんが“別居したい”と言い出したんです」

「パパともう少し一緒にいたかった」

 話し合いは平行線のまま。12月25日には、高橋に無断で、娘は大阪へ連れ去られてしまう。

「自宅で寝ていた娘はパジャマのまま、お義母さんがタクシーに乗せて新横浜へ。スーパーで着替えさせられて、新幹線で大阪へ向かっていると言うんです。俺は本当にお義母さんが連れて行ったのかわからないから、美佳さんに娘の安否確認をさせてくれと頼みました。誘拐かもしれない、警察に通報だと、必死でした」

すると娘がピースしている写真が送られてきた。三船からは《またすぐ会えますから》とのメッセージも届いた。

’14年の元旦には高橋の父と友人夫妻、三船ら計7人で食事をしたが、今後のことについての話し合いはないまま。

1月9日には三船と娘が、大阪へ期限つきの転校手続きをするため、自宅に戻ってきた。娘は都内の学校に籍を置いたまま、6月に戻る予定との話を初めて聞いたという。

「2人は、その日に大阪へ帰る予定だったのですが、娘だけ残ると言い出したんです。友達と過ごしたいからって」

3日後、高橋は大阪まで娘を送って、梅田で食事をし娘を三船に引き渡した。

「メールが来たんです。《パパともう少し一緒にいたかった》って。号泣しました。パパも同じ気持ちだよって……」

2月9日。高橋と三船は、友人夫妻を入れて話し合う。

「友人の夫が司会で、俺が勝手に発言できない状況でした」

 

12月には娘が通う学校が冬休みに。そこで三船が「荷物の整理がしたい」と訴えたので、娘を仙台に住む高橋の姉に預けることに。

「12月13日に、姉が東京駅まで迎えに来てくれました。そのとき、俺と美佳さんで大ゲンカをしたんです。娘にはGPS付きの携帯を持たせていたのですが、姉の電話番号を登録していなかったので。仙台で迷子になったらどうするんだと。俺は姉と美佳さんと娘を置いて、携帯ショップに1人で向かいました」

このとき、三船の口からは衝撃的な言葉が発せられた。

「美佳さんが姉に“DVを受けています”と初めて言葉にしたんです。姉は“DVって何? 殴られてるの?”と聞き返すと、“言葉の暴力です。私にも、娘にも”と言ったそうなんです」

その2日後、三船が通う心療内科で医師を含む3人で話し合いが行われた。

「このときに突然、美佳さんが“別居したい”と言い出したんです」

「パパともう少し一緒にいたかった」

 話し合いは平行線のまま。12月25日には、高橋に無断で、娘は大阪へ連れ去られてしまう。

「自宅で寝ていた娘はパジャマのまま、お義母さんがタクシーに乗せて新横浜へ。スーパーで着替えさせられて、新幹線で大阪へ向かっていると言うんです。俺は本当にお義母さんが連れて行ったのかわからないから、美佳さんに娘の安否確認をさせてくれと頼みました。誘拐かもしれない、警察に通報だと、必死でした」

すると娘がピースしている写真が送られてきた。三船からは《またすぐ会えますから》とのメッセージも届いた。

’14年の元旦には高橋の父と友人夫妻、三船ら計7人で食事をしたが、今後のことについての話し合いはないまま。

1月9日には三船と娘が、大阪へ期限つきの転校手続きをするため、自宅に戻ってきた。娘は都内の学校に籍を置いたまま、6月に戻る予定との話を初めて聞いたという。

「2人は、その日に大阪へ帰る予定だったのですが、娘だけ残ると言い出したんです。友達と過ごしたいからって」

3日後、高橋は大阪まで娘を送って、梅田で食事をし娘を三船に引き渡した。

「メールが来たんです。《パパともう少し一緒にいたかった》って。号泣しました。パパも同じ気持ちだよって……」

2月9日。高橋と三船は、友人夫妻を入れて話し合う。

「友人の夫が司会で、俺が勝手に発言できない状況でした」

三船は「突然、怒らないでほしい」「娘ともっと遊んでほしい」と話し、高橋は「直します」「努力します」と答えた。裁判でも友人夫妻は同様の証言をしている。離婚の“り”の字も話題に出なかった。

「俺が怒鳴り散らしたと報道されましたが、そんな事実はないです。美佳さんも“いい話し合いができた”と言っていたので、きっと乗り越えて家族が復活する、俺はそう思っていました。ほかにも、俺が大阪に会いに行ったとか美佳さんがウイークリーマンションに住んでいたとか、おたくも含め間違った報道ですよ」

娘とは会えない日々が続いたが、3月23日に大阪で仕事があった高橋は、三船に連絡し、娘と会うことができた。

怒鳴ることはあったけれども……

「フグを食べ、パパと一緒に泊まりたいって言うので、許可をもらってホテルをとりました。翌日の午後に娘を見送ったのですがタクシーからずっと手を振っていて……」

それが、娘と会った最後になった。翌週はディズニーランドに行く約束をしていたが、当日に三船から《熱が出ました》と連絡があった。

「直後の4月9日に離婚調停の通知が届いたんです。最初からディズニーランドに行かせる気はなかったのです」

調停は2回で不調に。三船の弁護士とも話したが、

「“要求は離婚と親権。ハンコを押せば、すぐ娘に会わせる”と言う。離婚はしかたないと折れたのですが、話し合いもなく親権もよこせと言う。子どもはモノじゃないんだから……と突っぱねました」

’15年1月初頭には裁判の訴状が届いた。15日には、それが公となり、“モラハラ夫”と大々的に報道されたのは周知のとおり。訴状には、婚姻当初から高橋が日常的に怒鳴っている、話し続けて寝かせない、生活費の負担をしない、娘の送り迎えをしないことなどが書かれていた。

「そりゃあ怒鳴ることはありますよ。でも日常的にはありません。朝まで寝かせないことも1回はあった。美佳さんが未成年のときに夜遊びをしていたので怒ったんです。俺も仕事があるから、日常的にそんなことをしてられない」

と反論。ほかの点は、

「娘の送迎についても、証言者はいっぱいいます。幼稚園関係者だけでなく、パパ友やママ友もです。ハロウィンの仮装だってしましたから」

なにより、モラハラの診断を受け、関連書籍を読み、自覚したと書かれているが、カルテが提出されていなかった。

「裁判所に請求して出てきたカルテにモラハラとはいっさい書かれていなかったんです。’13年には新たに土地を買って家を建てました。美佳さんもお義母さんもお金を出しているのにモラハラを受けていたら家を建てないでしょ」

最終的に三船側の言い分には、高橋が義母に対してセクハラ行為をしたというまったくの作り話も出てきたという。

「それが離婚理由だったら、最初から出すべき。主張がどんどん変わったんです。なにより美佳さんが不安定になったのは、新居の建設のためお義母さんとの同居が始まった’13年3月からなんですよ」

モラハラ夫でも構わない

 裁判所の配慮から裁判は非公開だったが、途中から公開の裁判期日が予定されていた。娘をさらに傷つけると思った高橋は離婚に合意することに。

「和解調書には《立証が現時点においては十分に尽くされているとは言えない》と書かれている。1年もかけたのに、ですよ。娘と面会できることを条件に合意しましたが、5年も会えないのは異常ですよ。美佳さんは“どれだけ私が父親を亡くして寂しかったか何度も話したでしょう。だから、あなたと娘を引き裂いたりしない”と話していたのに」

5年ぶりに娘と会ったことに話が及ぶと笑みがこぼれる。

「娘から何を言われても、俺は全部受け止めようと思っていたんです。言いたいこと、全部言っていいよって」

音楽を続けること。進学などでお金が必要なときはいつでも高橋に相談してほしいこと。高橋の財産を継ぐのは娘だということなどを伝え充実した2時間だったと話すが、次に会う約束はできなかった。

「夫婦の関係は離婚したいって言ったらもう無理ですよ」

だが、親子の関係は別だと高橋は言う。

「国のシステムがおかしい。共同親権が選べないことに驚いているんです。単独親権だから、美佳さんだって親権をとるには、そうせざるをえなかった。監護者は母親でいい。でも、お母さんも大変でしょう。お父さんも子育てに参加すれば家事がこんなに大変なんだって気づきますよ。

また、養育費も子どもの権利です。俺は要求されなかった。ショックでしたよ。少しでもいいから払って、父親の役目を果たしてあげてと言われれば、喜んで払いますよ」

そして、こんな提案をする。

「離婚時には子どもとの面会をどうするか、養育費、学校行事、諸々の事案を話し合い、裁判所に提出する。でなければ離婚できなくすればいい。履行しない場合には罰則をつける。もう会えるようにしましょうよ。そうしたら遊園地だってにぎわいます。子ども服だって売れます。映画館だって親子であふれますよ」

裁判に高橋が提出した家族の動画には、仲睦まじい家族の様子が映し出されていた。海外旅行から帰国し、高橋と離れたがらない娘。高橋が去った後、三船に抱き着いて涙を流す場面もあった。

「今後も継続して娘に会わせてくれれば俺は世間からモラハラ夫と言われようともかまわない。当事者になって、同じように苦しんでいる親がいっぱいいるって知った。親子の関係を引き裂くのは、絶対にダメだよ」

高橋は今後もっと自由に娘と会えるのだろうか。

3か月前