拉致大国日本の親はフランスで親権とれず

私;30代 日本人
元夫;40代 フランス人
日本でフランス人の夫と結婚しました。二人の子供がいます。婚姻中は元夫から酷いモラハラと軽度の暴力を受けていました。又、隙があれば携帯やパソコンも普段からチェックされていました。夫婦生活は、早々に破綻しており私が前から離婚したいというのは元夫は知っていました。ある日、仕事のオファーがあったのでフランスに引越しようと言われ承諾しました。元夫は、人前では大人しいし、私達は元夫の実家の両親と住むので、状況がよくなると思いました。
その後、元夫は私が貯めた各自の子供の貯金を引き出して、環境に慣らすためという理由で子供2人連れてフランスに連れて行きました。 その後、一人で日本に戻ってきて私達の家を売りました。その財産すべてを持っててフランスに1人で帰りました。本来なら一緒にフランスに渡る予定でしたので、何も言わず私を残していった事にすごく驚きました。私は家を売られたので、友達の家にずっと居候していました。
その後、日本での協議離婚と親権を求められました。その後子供達とは、2ヶ月間会えませんでした。フランス行きの飛行機はキャンセルされました。その後、協議離婚と親権渡すのを承諾しないと、日本で裁判になるので子供達にはもっと会えなくなると言われました。私は悲しさやパニックでまともな判断ができず、離婚にサインしました。一日も早く子供達に会いたいという思いでいっぱいでした。
その後、日本で何人かの弁護士とやりとりしましたが、フランスは共同親権と言われたので、フランスに在住すると権利があると思っていましたが、元夫が大使館で、日本のステイタスをトランスファーしたため、フランスでも親権を得られませんでした。
そのため、親権がない母として、元夫が単独で相談なしに何事も決め、酷い嫌がらせもされ、養育費を払っている状態です。その上、元夫が、親権を与えたりや面会権を増やすと私が子供達を誘拐するとフランスの家庭裁判所に訴え、判決に子供達の海外出国禁止令がだされました。なので、日本に一時帰国したくても子供達と一緒に日本に帰れない状態です
元夫の承諾のサインがあれば帰国できますが、勿論サインなどしてくれません。日本では、ハーグ条約は守られてないという理由です。もし連れて帰られても連れ戻されないというケースが日本には沢山あるからです。もし、日本がハーグ条約を徹底する法律が出来れば、海外出国禁止令は外されるかもしれません。
今まで、長年子供達にたくさんの愛情を与えほぼ一人で育ててきました。育児にかかわらなかった元夫に、子供達を奪われ、元夫からは私には親権がないから、子供達のすべての物を管理する資格があると子供の私物をすべて請求してきました。元夫も恨みましたが、共同親権だったらどう状況がよくなっていたか日本の古めかしい法律に腹ただしくなりました。
なぜ一人しか親権がないのか?なんのために一人しかないのか?それは子供を苦しめるだけであり、強制的に子供の育児放棄をさせられる法律だと私は思います。(母親の投稿を編集)
4週間前