1,報道

時事通信:法務省、ハーグ条約国内法中間案を発表

国際離婚、返還は子ども意見考慮 ハーグ条約加盟、中間案

法務省は30日、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」加盟に向けた関連法案の中間案 を発表した。片方の親が子どもの返還を求めて起こした裁判では子どもの意見を考慮することや、返還後に子どもが暴力を受ける恐れがある場合は拒否できると…

1,報道

ハーグ条約、法制化に注文=カナダが意見書提出要求―「子の返還」骨抜き懸念

ハーグ条約、法制化に注文=カナダが意見書提出要求―「子の返還」骨抜き懸念

時事通信 9月30日(金)2時33分配信

 国際結婚が破綻した場合の親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約をめぐり、条約加盟国のカナダが、関連法案の策定作業を進めている法制審議会(法相の諮問機関)に意見書を提出したいと日本政府に要求していることが29日、分かった。「欧米各国には日本の法律次第では条約が骨抜きにされかねないとの懸念がある」(外務省関係者)と指摘される。ただ、日本の法案策定に当たって他国が異例の注文を付ける形となり、国内で反発を呼ぶ可能性もある。…
1,報道

オーストラリア:強化する児童誘拐に関する法律

彼らの子供を誘拐し、海外のそれらを取る両親は連邦政府が発表した新たな施策の下で養育費の支払いが失われる可能性があります。 対策は、家庭裁判所が養育費の支払いやオーストラリアから誘拐子供を見つけるために裁判所のための新たな情報収集力を停止できるように、既存の犯罪の範囲を拡大する、家族法の法の下で新たな犯罪が含まれています。 平均で2〜3の子供が不当にオーストラリアから削除されたり、両親のいずれかで毎週別の国に保持、司法長官ロバートマクレランドは述べています。 "あなたの子供が別の国に連れ去らことの経験を通過することを余儀なくされてしても親のために想像を絶することです"と彼は月曜日に発表した声明で述べている。 彼らはオーストラリアに戻って送信される子どもたちを注文することができますので、外国の裁判所のための潜在的な障壁が削除されます。 家族大臣ジェニーマックリンは、支払の停止が誘拐された子どもの最善の利益を見てする必要があるだ。 案法は、2011年末までに開発されることが期待されています。
1,報道

TheAge(オーストラリア):政府は子供の“拉致”抜け穴を塞ぐために

子供の"誘拐"抜け穴を閉じるために政府 ピーターマーティン 2011年9月19日 司法長官ロバートマクレランド。 有効にするために分離された両親を許可している抜け穴は海外の子どもたちがクローズされるように設定されており、最初に家庭裁判所がそのような拉致を試みる親に、子の支払いを停止するパワーを与えられる誘拐する。 対策 - 以前にフラグが立て何よりも強いが - 受け入れられない速度で起こって想像を絶する恐怖である司法長官ロバートマックレランドが言っていることに対応して来年の上半期には議会の前に置かれます。 ''平均して2〜3の子供が不当にオーストラリアから削除されたり、両親のいずれかで、毎週別の国に保持されて、''と彼は言う。 広告:ストーリーは、以下続く ''あなたの子供が別の国に連れ去らことの経験を通過することを余儀なくされては、任意の親のための想像です。拉致は重大な、感情的、心理的、財務的影響を持つことができます。'' それは他の親の同意なしに海外の子供を取ることは違法ですが、それは休日のための同意を得て海外で撮影されたときに海外の子供を保つために違法ではない。 家族法の審議では、抜け穴を閉じることが最後の月をお勧めします。 勧告を考慮するにあたっては、氏マクレランドや家族大臣ジェニーマックリンは、彼らがさらに進み、家庭裁判所は、親が養育費を支払うために残されたの必要性を一時停止できるようにする法律を制定すべきかどうかを確認する月に評議会に手紙を書いた。 評議会は彼らが必要だと子供が違法に拘禁している間に、養育費の支払いは発生しませんしてください。 変更のアプローチは、子供の養育費に関係なく常にアクセスを、支払う必要があることを通常のルールからの逸脱をマーク。 ''チャイルドサポートは、通常、子の最善の利益に支払われるべき、''女史マックリンは言った。''しかし、子どもが不当にオーストラリア国外に保たれているときに、左の後ろの親はオーストラリアの法制度を効果的にアクセスすることができません。家庭裁判所は、最高のサスペンドのサポートは、子どもの最善の利益にあるかどうかについて決定を下すために配置されます。'' 変更を推奨する、評議会は、子どもがオーストラリアで親の意思に反して移動されていた場合、それが適用されない''このような状況で親として強調''オーストラリア家族法のシステムを介して援助を求めるのオプションを持つべきだと思う。 不当に子を保持する新たな犯罪のための最高刑は、海外の3年の懲役となります。 約125子どもたちが不当に削除したり、昨年海外に保持された。 Read more: http://www.theage.com.au/national/government-to-close-child-abduction-loophole-20110918-1kg3x.html#ixzz1ZFlpKWZp
1,報道

「父子で一緒に入浴」が子どもの成長に与える影響とは — 資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会が調査結果を発表

週に何回子どもと一緒にお風呂に入りますか? 週に何回子どもと一緒にお風呂に入りますか?資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会は、教育評論家で法政大学教授の尾木直樹氏監修のもと、小学生以下の子どもをもつ20歳から55歳までの男女900名を対象にインターネットによる「浴育に関する意識調査」第1弾を実施し、結果を公開した。
1,報道

産経:親権めぐる悩み? 29歳男性と3歳長男が死亡 銚子

親権めぐる悩み? 29歳男性と3歳長男が死亡 銚子
2011.9.22 19:33

 22日午前7時10分ごろ、千葉県銚子市本城町の住宅で、会社員の男性(29)と長男(3)がロープのようなもので首をつって死亡しているのを伊藤さんの母(60)が発見し、親類を通じて110番通報した。…

1,報道

読売:親権で悩む父と長男が寝室で死亡…無理心中か

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110922-OYT1T00550.htm

 22日午前7時10分頃、千葉県銚子市本城町の民家で、この家に住む会社員伊藤大悟さん(29)と長男の瑞起ちゃん(3)が、2階寝室でロープに首をかけて死んでいるのを、同居する伊藤さんの母親が見つけた。…

1,報道

日経新聞: 日米首脳会談

 国際結婚が破綻した場合の子供の扱いを定めたハーグ条約を巡っては、大統領が日本の早期加盟を要請。そのうえで、条約の対象とならない既存の事例でも対応を取るよう求めた。首相は「可能な限り早く条約を締結するために準備を進めている」と応じた。
1,報道

ついにオバマ米大統領がハーグ条約問題について言及

議会から圧力、「結果」要求=日本の遅い対応にいら立ち-日米首脳会談・米大統領 【ニューヨーク時事】オバマ米大統領は21日の日米首脳会談で、懸案の米軍普天間飛行場移設や環太平洋連携協定(TPP)参加、米国産牛肉の輸入制限緩和、国際離婚に伴う子の親権に関するハーグ条約加盟を取り上げ、野田佳彦首相に「結果」を出すよう迫った。いずれも議会サイドから圧力を受けているテーマ。相次ぐ政権交代で歩みの遅い日本側にいら立ちを示した格好だ。 「結果が必要だ」。会談冒頭の写真撮影が終わると直ちに本題に入った大統領は普天間問題について明確にこう要求。牛肉問題でも「進展を求めたい」と言い切った。 東日本大震災に関し「いかなる支援もする」と語り掛け、和やかな雰囲気だった会談冒頭と打って変わった口調に、同席した米政府高官も「驚いた」と振り返った。 普天間移設をめぐり、米上院は「目に見える進展」がないことを理由の一つに、セットとなっている在沖縄海兵隊グアム移転費を全額却下。政権サイドには計画頓挫の危機感が広がる。 ハーグ条約に関しては、日本が加盟してもさかのぼって適用されない既存の子供連れ去り事案の解決を求める声が議会に強く、身柄引き渡し要求など強硬手段まで取り沙汰される。これまでは主にクリントン国務長官が日本側に善処を求めてきたが、今回、初めて大統領が提起した。 首脳会談は、大統領が先に議題全般にわたり自らの主張を展開、その後に首相の回答を聞く形を取った。この日、大統領はイスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナのアッバス自治政府議長と個別に会談。中東問題に頭を悩ます中、これ以上の火種はごめんだと言わんばかりだった。(2011/09/22-08:01)
kネットの情報

10月の「kネット交流会@別府」のご案内

kネット交流会イン別府_②10月

「離婚によって子どもと会えなくなってしまったけど,
それは仕方のないことなのかな・・・?」
「離婚しても親子の関係は変わらないと思っているのに・・・」
「調停で会えなくなった・・・どうして法律は親子の関係を…

1,報道

長崎新聞:42年ぶりに涙の再会 交番の巡査長が親子の絆つなぐ

(右)父が娘を捜し歩き続けた小浦海岸沿い。父との写真を手に思い出を話す女性の表情は喜びであふれていた=長崎市小浦町(左)宮崎巡査長

42年間にわたり生き別れになっていた父と娘が8月初旬、長崎市内の一人の若い警察官の手助けで再会を果たした。親子は「奇跡を起こしてくれてありがとうございます」と厚意に感謝している。

再会を取り持ったのは稲佐署地域課巡査長の宮崎栄一郎さん(35)。8月2日夜、宮崎さんが勤務する福田交番に、横浜市の無職、海部正之さん(83)が突然訪ねてきた。「娘に会いたいがどこにいるのか分からない」。そう切り出すと涙を流して協力を求めた。

娘は、海部さんが42年前に離婚した元妻との子。別れてから、元妻の地元の長崎に移り住んでいた。

1,報道

JapanTimes:Hiraoka urges ‘active’ debate on executions,CABINET INTERVIEW

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110920f1.html#.TnfbPRFliaA.twitter

2011年9月20日(火曜日)
キャビネットのインタビュー平岡は実行で”アクティブ”な議論を促す
日本は先進国が死刑執行に関する自国の政策を表示する方法を考えてください、法務大臣秀夫平岡は最近のインタビューで述べている。