kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.50「子どもの情報を開け」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆― No.50 ―◆…

1,報道

朝日新聞:私の視点「ハーグ条約 子どもの福祉の担保を」

ハーグ条約 子どもの福祉の担保を

国際結婚が破綻した時の子どもの扱いを定めたハーグ条約締結の是非について、日本で議論が起きている。ドメスティックバイオレンス(DV)を理由に、海外から子と逃げて帰る日本女性を保護するため、返還を拒否できる事由を国内法でどう規定するかが課題となっている。…

1,報道

読売新聞:国際「親権」問題 ハーグ条約加盟へ懸念払拭を

国際「親権」問題 ハーグ条約加盟へ懸念払拭を(6月14日付・読売社説)

国際結婚の破綻で、両親が国を隔てて子どもの親権を争うケースにどう対応するか――。

政府が、その解決のための国際ルールであるハーグ条約加盟に向け、関連する国内法の整備に入った。…

1,報道

宮崎日々新聞:ハーグ条約加盟

ハーグ条約加盟

詳細はこちらから

■当事者の不安に十分配慮を■

国際結婚の破綻で一方の親が子どもを国外に連れ出したときにどう対処するかを定めた「ハーグ条約」について考えたい。

条約加盟国は欧米を中心に80カ国を超える。G8で未加盟は日本とロシアだけだ。国際社会から早期加盟を強く迫られており、日本政府は国内法整備などの作業を急いでいる。…

5,意見・論文

後藤富士子:人権としての「子育て」

人権としての「子育て」
性別役割分担と単独親権制

後藤富士子
2011年6月

詳細はこちらから
親は既に「出来上がった大人」として、「未熟な子ども」を養育するという前提は科学的に間違っている。大人も死ぬまで成長・発達するものであり、親自身が…

kネットの情報

kネット7月の学習会:子どもの情報を開け

別居親の間では面会交流が実現しない中
子どもとのアクセスを確保するために
学校や保育園・幼稚園に子どもに会いに行って
追い払われるという事例が頻発しています。
市役所では相手方の申し立てだけで
男女かかわらず情報がブロックされます。

1,報道

未成年者略取容疑で親権のある父親を逮捕@尼崎市 伊賀署

http://www.iga-younet.co.jp/news1/2011/06/post-1103.html

未成年者略取容疑で 父親を逮捕 伊賀署

編集部 (2011年6月22日 21:19)
保育園の女児を連れ去ったとして、伊賀署は6月22日、尼崎市内の無職男(33)を未成年者略取と建造物侵入の疑いで逮捕したと発表した。男は女児の父親で、容疑を大筋で認めているという。【男が侵入したとされる保育園の裏側=伊賀市内で】…

1,報道

パパを訪ねて32キロ=7歳男児、時速80キロで運転―米

パパを訪ねて32キロ=7歳男児、時速80キロで運転―米

時事通信 6月22日(水)11時3分配信
 【シカゴ時事】米国中部ミシガン州で母、義父と暮らす7歳の男児が20日午前、別居している実父に会いたい一心で義父の車を運転、自宅から約32キロ以上離れた道路で、地元警察に無事保護された。男児は時速80キロで走行していた。…

他団体・個人の情報, 3,イベント情報

日弁連:7月8日~アジアと日本の家族法 ローエイシアソウル大会に向けて~野田愛子 メモリアルシンポジウム

故野田愛子弁護士(元札幌高裁長官)は、女性として初めて高裁長官を務められ、裁判官として、また退官後は弁護士として、家事事件の実務と理論の発展のために尽くされました。のみならず、家族法、女性、そしてアジアの法曹との交流の取組を課題として、ローエイシア及び日本におけるローエイシアの活動に多大の貢献をされ、そのご業績は、裁判所、弁護士会、学会を含む広く法曹界全体から高く評価されており、そのご活躍は、アジアをはじめ国際的にも広く知られています。…

他団体・個人の情報, 3,イベント情報

8.5 日米シンポジウム「子どもの最善の利益と親の権利から、国境を越えた子の連れ去りを考える」

http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2011/06/85.html
 日本政府は2011年5月、「国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約」を締結すると閣議了解しました。「ハーグ条約」は、国際結婚の破たんを機に、一方の親が国境を越えて16歳未満の子どもを連れ去った場合、その子どもをもとにいた国に速やかに返還させることを、国どうしが約束し実現するための取り決めです。1980年に採択され1983年に発効したこの条約は、2011年5月現在の締約国は85カ国。未加盟の日本に対して、近年とりわけ欧米諸国から早期加盟の要請が強くなってきていました。…

kネットの情報

共同親権運動ネットワーク(kネット)メールニュースNo.49「実践講座How to 調停」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆― No.49 ―◆…

1,報道

弁護士・大谷美紀子=ハーグ条約締結問題の放置は許されない、毎日新聞

これが言いたい:ハーグ条約締結問題の放置は許されない=弁護士・大谷美紀子
http://mainichi.jp/select/opinion/iitai/news/20110609ddm004070004000c.html?__from=mixi
 ◇「子の利益」最優先の議論を
 国際的な子どもの奪取に関するハーグ条約を締結する方針を政府が発表した。「拙速」との意見があるが、私はそうは思わない。…

1,報道

NHK:ハーグ条約加盟へ法整備諮問

6月6日 17時36分
江田法務大臣は、国際結婚が破綻した場合などに、相手の承認を得なければ子どもを国外に連れ出すことを認めない「ハーグ条約」の加盟に向け、必要な国内法の整備を検討するよう、法務大臣の諮問機関の法制審議会に諮問しました。…