映画「奇跡」をPR 是枝監督ら、市長を訪問 鹿児島市

 映画「奇跡」は、両親の離婚で鹿児島と福岡に離ればなれに暮らす兄弟が「九州新幹線の一番列車がすれ違うとき奇跡が起こる」といううわさを信じ、周囲の大人を巻き込みながら家族のきずなを取り戻すというストーリー。

7年前

「子どもを訪ねてアメリカへ」

「子どもを訪ねてアメリカへ」匿名 詳細はこちらから 私 現在アメリカ在。日本国籍。 元夫 現在沖縄在。アメリカ国籍。アメリカ空軍所属。 長男 11歳。沖縄の地元小学校5年生。両国籍。 次男 7歳。1年生。両国籍。 200…

7年前

読売:シングルマザーの奮闘舞台に

詳細はこちらから シングルマザーの奮闘を、ユーモアを交えて描く演劇 シングルマザーズ」が2月20日から、東京都内で上演される。 沢口靖子さん、吉田栄作さんらが出演する。 公演するのは、劇団二兎社(にとしゃ)。 主宰の劇作…

7年前

読売「人の数だけ家族の形 映画へ背中押してくれた」

人の数だけ家族の形 映画へ背中押してくれた 記事本文はこちら おかあさん 「オカンの嫁入り」を制作した映画監督・呉美保さん  ある日突然、娘と年齢が変わらない金髪男と再婚すると宣言した母――。 大阪を舞台に、母と娘の絆を…

7年前

映画「愛する人」

タイトル:『愛する人』 公開表記:2011年お正月第2弾、 Bunkamuraル・シネマ/TOHOシネマズシャンテほか全国公開 オフィシャルHP:aisuru-hito.com コピーライト: 2009, Mother …

7年前

棚瀬一代さんの本

書評 虐待と離婚の心的外傷 (朱鷺書房、2001年) 杉本孝子(弁護士・元裁判官)による書評 京都女子大学現代社会研究119 引用 本書は、虐待や離婚によって蒙る子どもの心の傷についての研究である。 本書を手にして、まず…

9年前

「憲法24条と家庭生活の解消」

小嶋勇 「憲法24条と家庭生活の解消」 (『日本大学法科大学院法務研究』4号、2008年) 憲法24条と連れ去り離婚の関係について おもしろい

9年前

「離婚後の面接交渉と親の権利 ―比較法文化的考察」

棚瀬孝雄 「離婚後の面接交渉と親の権利 ―比較法文化的考察」 (『権利の言説―共同体に生きる自由の法』、勁草書房、2002年) 面接交渉は親の権利とちゃんと言ってくれてうれしい。 (現在、amazonでの取扱はないようで…

9年前