子の拉致後の人生‐豪日比較

オーストラリアの子の連れ去り事件のケース 今一人の母親が牢獄に居る A mother is now in jail after hiding her kids for years. Here’s how sh…

4か月前

「単独親権制」の正体

http://www.midori-lo.com/column_lawyer_110.html 「単独親権制」の正体 後藤 富士子 2017年1月 1.民法で強制される「単独親権制」 民法818条1項は「成年に達しない子…

5か月前

人権弾圧により奪われ続ける報われない命

子どもを連れ去られた父親が飛び降り自殺をしたという知らせが届いた。 嫌な予感はしていた。 未だ続きそうな予感がしている。 存在を否定されているかのような日本国内の拉致問題の被害親達が自死することは珍しい事では無い。 子の…

5か月前

児童相談所と警察だけじゃない、児童虐待の防止策

ハーグ条約は、子どもと両親との関係維持のための子連れ高跳び防止のためのもので、屈辱的と感じるのは、この方に差別意識があるからです。 6/28(木) 19:15配信 共同親権制度があれば虐待の早期発見、抑止にもつながる u…

6か月前

報道しない自由-日本も拉致国家

朝鮮半島の戦争終結の祝いムードの中,日本は蚊帳の外にされずに,北朝鮮拉致家族全員の帰還を成し遂げることが求められている。既に死亡したという供述の変遷が,仮に真実となってしまったとしても納得のいくまで捜査をすべきだろう。 …

6か月前